ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鈴木宗男議員の告白

<<   作成日時 : 2010/09/10 07:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の朝は、鈴木宗男議員が受託収賄で近く、
失職、収監されることになったというニュースが流れた。
鈴木氏は地元への利益誘導を重視する古いタイプの
利権政治家だから、私は、こういうことがあっても
不思議とは思わない。
(必ずしも不当な判決だとは考えていない)

しかし、そうした事とは別に、最近、鈴木宗男議員は
注目すべき告白をしている。
それは、1998年の沖縄県知事選挙で自民党が推す稲嶺恵一氏を
当選させるために、以前にも問題になった外務省の機密費からの
上納金とあわせて3億円ものお金が官房機密費から流れた、という話。
 琉球新報
 98年知事選に機密費 稲嶺陣営へ 鈴木氏「3億円投入」
 http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-166474-storytopic-3.html

当時の官房長官で、同じように最近、官房機密費について告白した
野中広務氏は選挙への機密費投入を否定している。

この時の沖縄知事選挙について、
私が最近読んだ本では以下のように書かれている。
 『帝国アメリカと日本 武力依存の構造』
 チャルマーズ・ジョンソン著
画像

----- 143ページから引用 ------------------------------
「また、内閣官房から稲嶺に流れた一億円を越える選挙資金も
 大いに助けになった。この金は、通常自民党議員らが
 外遊したときワイン購入やディナー代金に使われる、
 予算に計上されない外務省機密費から出たと言われた。」
-----------------------------------------------------
それ以外に、米軍の引き上げを求める現職知事(大田昌秀氏)を
追い落として、経済支援の見返りに米軍受け入れを認める稲嶺候補を
当選させるために日本政府は、
 「沖縄に対する通常の補助金までうち切った」
ということなども書かれている。

はてさて、鈴木氏と野中氏、はたしてどちらが嘘を言っているのだろうか?

なんにしても、贈収賄事件に目を奪われて、鈴木氏が重大な告白をしていることを
見逃したり、忘れてしまってはいけないのだろう、と私は思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鈴木宗男議員の告白 ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる