ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS グローバリズムについて考えてみる

<<   作成日時 : 2010/11/03 10:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以前の日記『ダメじゃん、NHK』で紹介した、NHKの番組
 『ハーバード白熱教室@東京大学 日本で正義の話をしよう』
この中で、サンデル教授が最後に語った言葉。
 「グローバリゼーションが貧富の格差を拡大しています。
  だからこそ公正な社会を模索するために平等と不平等について
  ディベートすることの必要性に皆気づき始めているのです。
  不平等の拡大は重要な正義の問題を提起します。
  そういう意味でも今日の社会で正義についてディベートを
  することはいっそう重要になっていると思います。」

今回はこの言葉について考えてみる。


さて、
 「グローバリゼーションが貧富の格差を拡大しています。」
とはどういうことか?

仮に私が多国籍大企業の経営者で、利益の最大化を
最優先に考えた場合、いったい何をするか、妄想してみる。
>>>>> ありぎりす の妄想 ここから >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 (1)貧乏なA国から原材料(地下資源など)を
    安く買い叩いて仕入れる。
 (2)その原材料を、労働安全規則の未整備なB国で
    安全装置のない安くて危険な機械を使って部品に加工する。
 (3)その部品を賃金が安くて手先の器用な労働者を確保しやすい
    C国で組み立てる。
 (4)出来上がった製品を金持ちの多いD国で販売する。
 (5)製造過程で生じる産業廃棄物は無政府状態のE国の
    領海に投棄する。
 (6)本社機構のあるF国には、「法人税を下げないと
    海外に移転する」と言って脅しをかける。
 (7)法人税減税の穴埋めには、消費税増税を主張し、
    下請け企業に対しては消費税分以上の値引きを要求し、
    実質、税負担を負わずに還付はしっかり受け取る。
 (8)固定費(年金、健康保険など社会保証費の企業負担)の削減の
    ために非正社員の比率を上げる。
    その分正社員の負担が増えるが、名ばかり管理職にして
    残業代は支払わずに酷使する。
 (9)こうして儲けた巨額の利益は、賃金や設備投資などで社会に
    還元なんかせずに、内部留保としてガッチリ溜め込んで、
    金融商品などを購入してマネーゲーム(博打)に費やす。

 ほんで、誰かさんに批難されたら、
 「私は各国の法律を遵守していますよ。
  お金儲けが悪いことですか?」と言ってうそぶいてみる。
<<<<< ここまで <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

こんな風に考えてみると、今世界中で起きている色々な問題を
うまく説明できるように、私は思うのですが・・
いかがでしょうか?

金(資本)、物、人、の動きが、国家の枠におさまらなくなって、
その状況下で、「お金儲け」、「利潤の追求」を最優先にしたために、
こうした問題が現実に起きている。
つまり、「グローバリゼーション」の問題点って、
こういうことなんじゃないでしょうかね?

だから、道徳とか、正義とか、善悪とか、倫理といったことを、
世界中の人達が、真剣に考え、話し合う必要性が高まっている。
そういうことでしょう。

そうした価値観のすり合わせの先に、私が妄想したような
多国籍大企業の悪辣な行為を規制する、国際法の制定や、
国民国家の枠組みを越えた、世界国家のようなものの
実現があるように思います。

道は果てしなく遠いようにも思われますが、
今後、こうした問題がより深刻になればなるほど、
対策の必要性は高まっていきますし、
情報通信技術の発達で、人々の意思疎通は昔に比べて
はるかに容易になっています。

「希望がないわけではない。」
そんなことを思う ありぎりす であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
グローバリズムについて考えてみる ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる