ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 焼きなす

<<   作成日時 : 2012/09/09 13:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ことわざに「秋茄子嫁に食わすな」というのがあります。

 美味しい秋の茄子を嫁なんかに食べさせるのはもったいない
という嫁イビリの意味という解釈と、
 茄子は体を冷やすので、大事な嫁には食べさせないほうが良い
という解釈なんかがあったかと思います。

まぁ、どっちにしたって、私には「嫁」なんかいないので、
関係ないんですけどね・・・フンッだ。 (-"-)

まぁ、それはともかく、北海道には珍しい残暑も過ぎて
秋茄子が美味しい季節となりました。

そういうわけで、今回は地物の茄子を焼き茄子にして一杯。
画像


焼き茄子のレシピ:
 単に大きめの茄子を魚焼きグリルで焼いただけなので、
 「レシピ」なんて大げさなものではありませんが・・・

 1)魚焼きグリルで弱火で10分くらい茄子を焼く。
 2)ひっくり返してさらに、6〜7分ほど焼く
 3)皿に盛って、熱いのを我慢しつつ皮を剥く
 4)鰹節をふって、醤油を回しかけ、おろしショウガでいただく

 皮は焦げても問題ないのでじっくり時間をかけて焼くのがポイント。
 というか、皮を焦がさないと、うまく皮が剥けないし、香ばしさもでない。

もっとお手軽に・・・・
 電子レンジを使うともっとお手軽に焼き茄子風の一品が作れます。

 1)皮を剥いた茄子を容器に入れて、水少々ふりかけて
  電子レンジで数分加熱

 手軽ですが、焦げの香ばしさに欠けるのが難点かな。


続いてもう一品。
俗にとても美味しい料理のことを
 「頬が落ちるよう」
と言いますが・・・

こちらは、タラの頬肉のソテー
画像


 1)タラの頬肉両面に軽く塩コショウ
 2)1)のタラに軽く小麦粉をまぶす
 3)フライパンにオリーブ油を適量敷いて熱する
 4)フライパンにタラを入れて両面キツネ色に炒める
 5)仕上げにバターを一欠片加えてタラに絡める
 6)皿にタラを盛って、タルタルソースを添えて完成


今回は二品とも、写真に撮ることを想定していなかったので、
見た目はいまいちだけど、味の方は上々でした。 (^-^)b

秋の北海道は美味しいものがいっぱいです。

糖尿病もちのありぎりすとしては、
美味しいものをチョッピリ食べて、
幸せに暮らしていこうと目論んでおります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
焼きなす ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる