ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 騙されていてはいけません

<<   作成日時 : 2013/02/24 11:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

本日はこちらの報道を取り上げます。

 【毎日jp】
 「日米首脳会談:TPP交渉参加へ 関税全廃、前提とせず 首相、大統領と確認」
 http://mainichi.jp/area/news/20130223ddf001010018000c.html

皆さんはお気づきだろうか?
 「聖域なき関税撤廃を前提とする限りTPP交渉参加に反対する」
これが、いつの間にか、
 例外を設定できる可能性があるならTPP交渉に参加する
にすり替わっていることに。

毎日をはじめ日本の新聞などは、
 >例外になる分野があるとの認識で一致した。
などと報道するが、以下の共同声明全文を注意して読んでもらいたい。

vvvv 「TPPに関する日米の共同声明」の全文 vvvvvvvv
両政府は、日本が環太平洋パートナーシップ(TPP)交渉に参加する場合には、全ての物品が交渉の対象とされること、及び、日本が他の交渉参加国とともに、2011年11月12日にTPP首脳によって表明された「TPPの輪郭(アウトライン)」において示された包括的で高い水準の協定を達成していくことになることを確認する。

日本には一定の農産品、米国には一定の工業製品というように、両国ともに二国間貿易上のセンシティビティーが存在することを認識しつつ、両政府は、最終的な結果は交渉の中で決まっていくものであることから、TPP交渉参加に際し、一方的に全ての関税を撤廃することをあらかじめ約束することを求められるものではないことを確認する。

両政府は、TPP参加への日本のあり得べき関心についての二国間協議を継続する。これらの協議は進展を見せているが、自動車部門や保険部門に関する残された懸案事項に対処し、その他の非関税措置に対処し、及びTPPの高い水準を満たすことについて作業を完了することを含め、なされるべき更なる作業が残されている。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

一番最初に書かれているのは、
 >全ての物品が交渉の対象とされること
 >包括的で高い水準の協定を達成していくことになること
 >を確認する。
ということです。

そして、例外品目については、
 >最終的な結果は交渉の中で決まっていくもの
なのですから、例外の設定は、
ただの可能性に過ぎません。


日米両政府やマスコミ各社は、
こうゆう不毛な言葉遊びを止めるべきです。

そして我々日本国民は、いつまでも
こういう詭弁、ごまかし、嘘に、騙されていてはいけません。

TPPは原則として、人、物、金の動きを完全に自由化するということです。
つまり、日本の、賃金や社会保障や安全基準などが、
低い方に合わされてしまう、ということです。
水は高きから低きに流れるのです。
端的に言えば、日本の富を輸出して貧困を輸入するということです。

TPP交渉参加は農業だけの問題ではありません。


繰り返します。
もういいかげん私たちは、
こういう嘘に騙されてはいけません。

参考:
 【ブログ記事:号外速報!日米首脳会談 安倍首相、結局腰砕け!?
  TPP「すべての物品が交渉の対象」 総理の説明は矛盾だらけ】
  http://iwj.co.jp/wj/open/archives/60550

 【日米首脳会談:TPP】
 ホワイトハウスのステートメント〜またしても日本の属米メディア「例外容認」と
 海外メディアの「全て対象」報道が真逆。
  http://threechords.blog134.fc2.com/blog-entry-1904.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
騙されていてはいけません ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる