ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の夜の悪夢

<<   作成日時 : 2013/04/19 11:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は、昨夜私が見た夢について書きます。

vvvv 以下 私が見た夢 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
中学校か高校の教室、休み時間、友人数人と雑談している。

友人A 「なんだかやる気出ないよぉ」
私   「ダラけてるねぇ」
友人B 「旅行楽しかったよねぇ」

修学旅行か何か、クラス皆で行った旅行が終わっしまって、
気が抜けているような感じ。
その旅行で海外(東南アジアあたり)へ行って、現地の人たちに
とても親切にしてもらって、楽しかった、というようなことを、
しばらく語り合う。

授業が始まる。
どうやら、「道徳」のようなのだが、
女教師が外国人犯罪を題材にして、民族差別を刷り込むような
内容の話をする。
教室の左前方に、金色の像が置いてある。
形はよく思い出せないが、親孝行とか報国、殉国を象徴するような、
安っぽくてインチキ臭い像。
これが学校のあちこちに飾ってある。
いつのまにか、私たちの後ろに軍服姿の男が立っている。
どうやら監督役であるらしい。

女教師が外国人犯罪について感想を求めてくる。
クラスの1/3くらいの生徒が手を挙げる。

友人の一人が当てられて話し出す。
彼は、題材になった事件について、
その背景とか容疑者が犯行を否定していることを言い、
「一方的に外国人を悪者にすべきでない」とゆうことを話した。

次に私が当てられた。
私は、椅子の背もたれの横木を取り外し、
それで、教室に飾ってあった金色の像をぶち壊す。
そして、大声で怒鳴った。
 「冗談ではない!!
  これではまるで戦前の愛国教育ではないか!!
  貴様等はまたぞろ戦争を始めるつもりか?!」


いつのまにか女教師と監督役の軍人が消えている。

友人が私に近寄ってきて、
 「いやぁ、ハデにやったなぁ」と言う。
私は
 「スマン、つい我慢しきれずにキレてしまった」と答えた。

そこで、目が覚めた。
^^^ 夢の話 ここまで ^^^^^^^^^^^^^^^^^^

こういう筋の通った夢を見るのは久しぶりです。
それにしても、夢の中でも、私は怒りん坊のようです。
いけませんねぇ。 (^-^;

さて、現実に目を向けてみると・・・

自民党が大勝した昨年の衆議院選挙について、
各地方の裁判所は、軒並み「違憲」という判決を下しています。
その「違憲」な選挙で選出された不当な議員たちによる政府・自民党は、
わずか三カ月で、選挙での公約を破ってTPP交渉への参加を
表明し、憲法の改変を画策しています。

そのうえ、そんな不当で嘘つきの政府・自民党が、
教育を弄くり、子供たちに「道徳」を教える、と言うのです。

 【毎日新聞:04月18日】
 「文科省:道徳に教科書導入へ 教員免許は創設せず」

 【北海道新聞:04月15日】
 「「首長が教育長任命」を提言 教育委改革で再生会議」
 
まったく悪い冗談か、悪夢のようです。 (´∩`。)

最後に4月14日北海道新聞のオピニオン記事をご紹介。
 【卓上四季】
 「ママの怒り」
vvvvv 以下引用 強調byありぎりす vvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 「ええ、風評被害で困っています」。人ごとのような言葉に、温厚なこの人も怒りを抑えられなかったという。教育評論家の尾木直樹さん。最近は「尾木ママ」としてテレビでおなじみだ▼大津市の中学校で起きた生徒のいじめ自殺事件の第三者調査委員会のメンバーでもあった。先日、ある会合で裏話を聞かせてもらったが、あらためて思うのは教育現場の荒廃だ▼調査のため初めて学校を訪れた時のこと。校長をねぎらおうと「今どんなことで悩んでいますか」と尋ねたところ、返ってきたのが冒頭のせりふだ。同市の次期教育長をうかがう実力者だと後で聞かされ、もう一度驚いた▼いじめと自殺との関係を認めようとしない学校に対する生徒の不信感は、すぐに分かった。尾木さんが帰ろうとすると大勢の生徒が取り囲み「ママ、隠蔽(いんぺい)されないで」「学校にだまされちゃだめだよ」と口々に訴えてきた▼小泉政権以降の教育改革が事態を悪くしたと、尾木さんはみる。成果主義に基づく学校評価制度の導入で、目の前でいじめが起きても学校は知らぬふりをする方向に流れる。教員が多忙になり、生徒と向き合う時間が十分取れなくなってもいる▼いじめ対策として道徳の教科化が検討されている。尾木さんは「ほとんど意味がない」と批判的だ。教育は政治家のおもちゃではない。的外れの愚策では子供たちが迷惑する。2013・4・14
^^^^ 引用 ここまで ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

『私が昨夜見た悪夢、正夢にならなければいいのだが・・・』
そんなことを思う ありぎりす であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の夜の悪夢 ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる