ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アサヒの捏造w」

<<   作成日時 : 2013/08/06 05:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

麻生副総理の「ナチスの手口学んだらどうかね」発言について、
櫻井よしこ女史が、産経新聞に、こんな事を書いています。

 『櫻井よしこ氏 歪曲された麻生発言…舌を巻く天声人語子の想像力』

なんだか、支離滅裂な文章で、
何が言いたいのか分かり辛いのですが・・・

櫻井女史は、麻生副総理は櫻井ら「国家基本問題研究所」の面々に
 「お前ら騒ぎすぎだ、ナチスから学んで静かにやれ」
と窘めただけなので、悪いのは麻生でなく、
我々狂信的改憲論者だ、と言っているようにも読めます。

しかし、櫻井女史は、ヒステリックな自分たちの言動を反省するでなく、
その矛先を朝日新聞に向けます。

まるで、「郵便ポストが赤いのも朝日新聞のせいだぁ」
と言わんばかり。 (´∩`。)

「アサヒがぁw」とか「アサヒの捏造w」とか言いさえすれば、
歴史上の事実や失言が、「無かったこと」にできると信じている、
歴史改竄教の狂信的な信者には、つける薬がありません。 ┐ (´ー`)┌

『最初の犠牲者は・・・ 追記あり 』で問題にした、
 8月1日の読売新聞社説
 『「慰安婦」像設置 憂うべき米国での「反日」拡大』
なども同様です。
読売は、従軍慰安婦問題について、
 「朝日新聞が・・・報じたのが発端だった。」
などと書くのですが、これはまったくの大嘘です。
(詳しくは『おさらい、「従軍慰安婦」問題 』を参照願います)

麻生の「ナチス」発言に関連して、櫻井よしこ女史は、
朝日が「失言部分だけを取り出し」と書くのですが、
当初朝日新聞は、それこそトリミングをして、
「ナチス」発言を報じなかったのです。
そうゆう悪質な記者を、櫻井は「信頼」して、
取材させたのではないでしょうか?

だけど、読売などが「ナチス」発言を報じて、朝日新聞社内で録音を確認したら、
これはとんでもない、と、朝日新聞でも改めて報道し直し、後れ馳せながらも、
社説などで批判した、おそらくは、そうゆうことでしょう。

だいたい、麻生発言、どうひっくり返しても、
 「改憲は騒がず(コッソリ)やれ、ナチスの手口に学べ」
としか聞こえないですよ。

櫻井よしこ氏などが言う、「失敗を学べ」とか「反面教師」なんて解釈は、
それこそ曲解もいいところです。

「アサヒの捏造w」などとヒステリックに喚いてみたところで、
「覆水」が「盆に」返る道理など無いのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「アサヒの捏造w」 ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる