ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 語るに落ちる 追記あり

<<   作成日時 : 2013/12/03 10:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

11月17日のブログ『日本人は「民主主義」を嫌っているのではないか? 』
私は、以下のように書きました。
>そして、多くの日本人は、単純な多数決が「民主主義」だと
>誤解しているように思います。
>
>多数派が少数派を軽視して、虐げる。
>ましてや、「個人」の主義主張など一顧だにしない。
>差別主義的、全体主義的、傾向。
>これは、「ファシズム」の特徴です。
>
>私には、「ファシズム」を「民主主義」と履き違えている
>人たちが増えているように思えるので、憂鬱になるのです。

どうやら、自民党の石破茂幹事長が、ものの見事に
私の考えを裏付けてくださったようです。

石破幹事長は、11月29日のご自身のブログで、このように書きました。
vvvvv 以下一部引用 強調byありぎりす vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 今も議員会館の外では「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。
 主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

その後批判を受けて、「テロ」とゆう表現こそ撤回したものの、
相変わらず、抗議デモについて、
 「本来あるべき民主主義の手法とは異なるように思います」
などと重ねて主張し、そして、12月1日には、
 「規制のやり方に問題があると思う」とも述べ、
 デモに対する規制強化の必要性も示唆した。
のです。

昨年末の衆議院選挙、今年夏の参議院選挙で、自民党は大勝しました。
いえ、正確には民主党が大敗したのです。

政権与党となった、自民党ですが、選挙での公約は、破り放題です。
画像


 【日刊ゲンダイ:11月30日】
 『「辺野古移転」一転容認 自民・沖縄県連を寝返らせた石破幹事長と菅官房長官のドーカツ』


「TPP絶対反対」
「普天間基地、沖縄県外移設」

これらを訴えて当選した議員は、議席を返上すべきじゃないでしょうか?

そして、今回の「特定秘密保護法案」、これはまったく選挙の
争点にもなっていなかった問題です。
自民党もマニュフェストに掲げていません。

そして、過半数の国民は反対していますし、
圧倒的多数の国民が慎重な審議が必要と考えているのです。
 【北海道新聞:12月3日】
 『秘密保護法案反対65% 全道世論調査 「慎重審議を」70%』

国民が選挙で選んだ代理人、議員たちが、選挙の際の約束を守らない、
選挙で話題にも挙がらなかった法案を、拙速に、強硬に成立させようとする。

ならば、国民が直接、抗議の声を上げるのは当然のことです。
その、国民の声が、大きくなるのも当たり前です。

それなのに、石破幹事長は、
 「テロ行為とその本質においてあまり変わらない」
 「本来あるべき民主主義の手法とは異なる」
 「規制のやり方に問題があると思う」

などと言うのです。

石破幹事長は、完全に、「ファシズム」を「民主主義」と履き違えています。

そして、石破幹事長の今回の発言は、『特定秘密保護法案』の本質を
的確に言い表してもいるのです。
『特定秘密保護法案』では「テロリズム」の定義を以下のように規定しています。
 テロリズム(政治上その他の主義主張に基づき、
 国家若しくは他人にこれを強要し、
 又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で人を殺傷し、
 又は重要な施設その他の物を破壊するための活動をいう。


この法律では、
 「主義主張」を「国家若しくは他人にこれを強要」したら、
 テロリストとゆうことになるです。


「強要」かどうかを判断するのは、官憲です。
彼らが、「強要」した、と判断すれば、
市民のデモだろうが、集会だろうが
テロ活動として取り締まることができるのです。


まったくもって、恐ろしい法律です。  ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

今回の石破幹事長の発言は、まさしく
 語るに落ちる
とゆうやつです。


 『石破自民党幹事長など、「ファシズム」と「民主主義」とを取り違えた
  連中が現在の日本の政権を握ってることが恐怖なのであって、
  市民の抗議の声は恐怖ではない。』


そうゆう主張をする ありぎりす でありました。

おまけ:
「語るに落ちる」と言えば、先日の麻生副大臣の発言もですね。
 『流石です、ローゼン閣下 追記あり 』
現在の安倍政権は「ナチスの手口に学んでいる」ように見えます。

下の画像はネットで拾った水木しげるさんの『劇画ヒットラー 』の一コマ

見え透いた嘘に騙されてはいけません。

追記:12月3日14:40
ネットで拾った画像は、著作権侵害の可能性があると考え直して削除しました。

ちなみに問題の一コマは、紹介したマンガの157ページ。
ヒットラーが「全権委任法」について、国民に適用することはないだろう
と演説している描写です。
興味のある方は、520円の文庫本ですから、購入して確認してみてはいかがでしょうか?

ほんで・・・
 【NHKニュース:11月20日】
 『首相 国民罰せられる事態起こりえない』
vvvvv 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
安倍総理大臣は参議院の特別委員会で、「特定秘密保護法案」で指定する「特定秘密」について、「一般の国民が知ることはまずありえない」と述べ、一般の国民が漏えいなどで罰せられる事態は通常起こりえないという認識を示しました。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

あまりにも見事に符合していて、気味が悪いくらいですね。 (´∩`。)

さらに追加:
「政治上その他の主義主張」「国家若しくは他人に」「強要」したら、
テロリストだと言うのなら。
「かあちゃん腹減った、メシ食わせろ」と「強要」するだけで、
テロリストの出来上がりだなぁ。

だって「政治上」でなく、「その他」「主義主張」もだし、
「国家」に対してばかりでなく、「他人」に対しても、だからね。

やっぱり、こんな出鱈目な法案は、廃案にするしかないよ。

まぁ、もっとも、私には「かあちゃん」は居ないんだけどね。 (T^T)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
語るに落ちる 追記あり ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる