ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日米首脳会談の成果 追記あり

<<   作成日時 : 2014/04/25 16:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

米国のオバマ大統領が日本を訪問しました。

今回の日米首脳会談と日米共同声明について、
NHKをはじめとして、マスコミ各社は、
 「尖閣諸島に日米安全保障条約が適用されることを明記」
と報じています。

しかし、ここで
 「そっかぁ、仮に中国が尖閣諸島に攻めてきても、
  米国が守ってくれるんだぁ。
  米軍は僕等の味方だぁ。 ヽ(´▽`)ノ 」
なんて、手放しで喜ぶのは、いささか軽率すぎるでしょう。

今回の共同声明、わざわざ「尖閣諸島」を名指ししてますが、
日米安保条約(日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約)
第五条にはこう書かれています。
< 各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。 >

現在、尖閣諸島は「日本国の施政の下」にあります。
ですから、「尖閣諸島に日米安全保障条約が適用されること」は
ちっとも目新しいことではありません。

そして、仮に尖閣諸島が他国によって武力攻撃されたとしても、
米国は、<自国の憲法上の規定及び手続に従つて><行動する>のであって、
自動的に米軍が実力で日本を防衛してくれるわけじゃありません。

ちなみに、今回の日米共同声明には、こう書かれています。
< 米国は,尖閣諸島に対する日本の施政を損おうとするいかなる一方的な行動にも反対する。>

そっかぁ、「反対」してくれるんだぁ。
でも、「戦う」とは言わないんだね。 ┐ (´ー`)┌

それに、日米共同記者会見で、オバマ大統領は、こう発言しています。
(強調 by ありぎりす)
 大統領 
  日本の施政下にある領土は、尖閣諸島を含めて、
  日米安全保障条約第5条の適用対象となる。
  領有権に関しての立場は示さない。
  (米国が武力行使するかどうかの)レッドラインは引かれていない。
  事態がエスカレートし続けるのは正しくない。
  中国は世界にとって重要な国だ。
  国際的な秩序と法を守る責任がある。

 【時事通信:日米共同記者会見要旨】

ありぎりすが強調した部分、
 ・(米国は)領有権に関しての立場は示さない、
 ・(仮に日本が攻撃されても)米国が武力行使するとは限らない、
 ・事態がエスカレートし続けるのは正しくない → 主に安倍政権に対する牽制
 ・中国は世界にとって重要な国だ
主要なマスコミではほとんど報じられていないようでした。

ほんで、
 ・国際的な秩序と法を守る責任がある。 → これは中国への牽制とゆうか
                    自制を求めるメッセージでしょう。

vvvvv 以下追記:4月27日 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
>事態がエスカレートし続けるのは正しくない。

どうやら、この部分は誤訳だとゆうことです。
 【琉球新報:オバマ氏発言で「誤訳」が独り歩き 日本のメディア】
vvvvv 以下 一部引用 強調byありぎりす vvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 会見でオバマ氏は、米メディアからの「中国が尖閣に軍事侵攻したら米国は武力を行使するのか」という質問に対し、「日本の施政下にある領域に(日米安全保障)条約が適用されるという同盟の条件は、他の複数国との間の条約における標準的な解釈だ。われわれは単にこの条約を応用しただけだ」と説明した。
 その上で、「同時に私は安倍首相に直接言った。日中間で対話や信頼関係を築くような方法ではなく、事態がエスカレーションしていくのを看過し続けるのは重大な誤りだと」と述べ、首相に平和的解決を強く求めたことを明らかにした。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「正しくない」と「重大な誤り」ではニュアンスがずいぶん違ってきますね。
そして、これは安倍首相に対して言ったこと、とゆうのも重要な点だと思います。

^^^^ 追記 ここまで ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


さて、あらためて今回の日米共同声明、安全保障に関する部分を読み返して見ましょうか。

 【外務省:日米共同声明:アジア太平洋及びこれを越えた地域の未来を形作る日本と米国】
 日米両国は,両国が直面する共通の安全保障上の課題を踏まえ,日米防衛協力のための指針の見直しによることを含め,日米安全保障協議委員会の指示に従い,日米の安全保障同盟を強化し,現代化している。米国は,最新鋭の軍事アセットを日本に配備してきており,日米安全保障条約の下でのコミットメントを果たすために必要な全ての能力を提供している。これらのコミットメントは,尖閣諸島を含め,日本の施政の下にある全ての領域に及ぶ。この文脈において,米国は,尖閣諸島に対する日本の施政を損おうとするいかなる一方的な行動にも反対する。米国は,日米両国間の政策及びインテリジェンスに係る調整の強化を促進することとなる日本による国家安全保障会議の設置及び情報保全のための法的枠組みの策定を評価する。米国は,集団的自衛権の行使に関する事項について日本が検討を行っていることを歓迎し,支持する。日米両国は,地域の安全を維持するための米国の拡大抑止の重要性を再確認した。日米両国はまた,グアムの戦略的な拠点としての発展を含む,地理的に分散し,運用面で抗堪性があり,政治的に持続可能な米軍の態勢をアジア太平洋地域において実現することに向け,継続的な前進を達成している。普天間飛行場のキャンプ・シュワブへの早期移設及び沖縄の基地の統合は,長期的に持続可能な米軍のプレゼンスを確かなものとする。この文脈で,日米両国は,沖縄への米軍の影響を軽減することに対するコミットメントを再確認する。

先ずは、
>日米の安全保障同盟を強化し,現代化している。

これは、具体的にはこれのことを指すのでしょう。
 【外務省:日米同盟:未来のための変革と再編】
1960年に改訂された日米安保条約と「未来のための変革と再編」の違い、
日米安保条約では、
 両国が極東における国際の平和及び安全の維持に共通の関心を有することを考慮し、・・
「未来のための変革と再編」では
 地域及び世界の安全保障環境の変化に同盟を適応させるための選択肢を作成するため、・・

つまり、日米同盟の活動範囲は、「極東」に限るものでなく、「世界」だとゆうこと。
はっきり言うと、自衛隊が米軍の為に中東でもアフリカでも行くとゆうことですね。
そのように「同盟を強化し,現代化している」、とゆう話。

次、
>米国は,最新鋭の軍事アセットを日本に配備してきており,・・
>この文脈において,米国は,尖閣諸島に対する日本の施政を損おうとするいかなる一方的な行動にも反対する。


これについては前述したとおり。
日米安保の対象についても、米軍が日本を守るために「戦う」わけがないのも、
いまさら、とゆう話。


次、
>米国は,日米両国間の政策及びインテリジェンスに係る調整の強化を促進することとなる日本による国家安全保障会議の設置及び情報保全のための法的枠組みの策定を評価する。

昨年末、強行採決で強引に成立させた「特定秘密保護法」。
これを、オバマ大統領は「評価する」と言うのです。
とゆうか、スノーデン事件でダメージを受けた米国オバマ政権が
日本に要求した結果が「特定秘密保護法」だったのでしょう。

つまり、日本国民の知る権利を奪わせたのは、米国オバマ政権とゆうこと。

次、
>米国は,集団的自衛権の行使に関する事項について日本が検討を行っていることを歓迎し,支持する。

安倍政権は、
 「日本の若者の命を米国を守る為に捧げます」
とゆうのです、そりゃあ「歓迎」も「支持」もするでしょうよ。

でも、私がオバマだったら、自国国民の命を犠牲に差し出す
国家指導者なんて、心底軽蔑しますけどね。
だからオバマ大統領も安倍首相と昼食とらなかったんじゃないかな?
 【日本経済新聞:日米首脳、昼食別々に 23日の会談後】

次、
>日米両国はまた,グアムの戦略的な拠点としての発展を含む,地理的に分散し,運用面で抗堪性があり,政治的に持続可能な米軍の態勢をアジア太平洋地域において実現することに向け,継続的な前進を達成している。

米軍の再編(グアムやオーストラリアへの引越し)、
これは、沖縄の基地が中国の中距離ミサイルの射程内にあるので、
戦力をその外に移動させる、とゆうこと。
日本を守る為じゃなくって、危ないから日本から出て行く、
とゆう米軍の都合。
ちなみにグアムへの引越し費用(総額102.7億ドル)
その6割を日本が負担することになっている。
その上、米国側は、日本のさらなる負担増を要求している。

つまり、この部分は、「引越し代の負担よろしくね」とゆう念押し

最後に、
>普天間飛行場のキャンプ・シュワブへの早期移設及び沖縄の基地の統合は,長期的に持続可能な米軍のプレゼンスを確かなものとする。この文脈で,日米両国は,沖縄への米軍の影響を軽減することに対するコミットメントを再確認する。

>長期的に持続可能な米軍のプレゼンスを確かなものとする。

これは、「米軍は今後も沖縄に居座り続けるぞ」、とゆう宣言。
そのために、「日本政府はちゃんと沖縄を手懐けろよ」、とゆうことでしょう。


安倍首相は今回の日米共同声明について「日米両国にとって、画期的な声明となった」
などと自画自賛したそうです。

安倍首相は、日米関係の親密さを内外にアピールし、日本政府の
イカレた政策を、米国が支持してくれたことを、今回の首脳会談の
成果として評価したかったのでしょう。
しかし、オバマ大統領が安倍首相を嫌悪しているのはミエミエですし、
無体、無法な米国の要求に従順であることが、日本国民にとって
有益であろうはずもありません。

私には、今回の日米首脳会談・・・
 ヤクザ者のヒモが、内心軽蔑している情婦に、
  「俺が守ってやる(嘘)から、しっかり稼いで貢げよ」
 と言い、バカで自虐的な情婦が、
  「あらうれしい
 などと喜んでいる。
そんな情景のように思えてなりません。

こうゆう不愉快な現実を再確認できたとゆうのが、
私にとっての「成果」なのかもですが・・・あぁ、気分が悪い。 (;´Д`)

そんなわけで、関連ニュースを見ると憂鬱になってしまう、
ありぎりす であった。 (´∩`。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日米首脳会談の成果 追記あり ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる