ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 差し替えられた記事に思う

<<   作成日時 : 2014/07/06 08:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ネットで各社新聞社の電子版を読んでいると、
時々記事内容や見出しが差し替えられていることがあります。

しかし、今回、共同通信の記事差し替えには呆れました。 ( ゚Д゚)

問題の記事は公明党の山口代表が全国県代表協議会で、あいさつし、
集団的自衛権行使を可能とする憲法解釈変更の閣議決定に理解を求めた
とゆうもの。

最初私はツィッターで、山口代表が
 「憲法の平和主義を堅持する結論を導いた」
と発言したと知り、『よくもイケシャアシャアと言えるものだ』と思い、
ネット検索して記事を探してみました。

すると、
 『公明、憲法解釈で地方代表者会議 山口氏「平和主義堅持の結論」』
とゆう見出しの共同通信の記事を見つけて、クリックしてみると・・・
表示されたのは、見出しも内容もまったく違う記事・・・?

その記事がこちらです。
 【47News:2014/07/05 21:24】
 『公明、地方の異論収まる 山口代表、歯止め強調』

vvvvv 以下 転載 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 公明党は5日、全国の地方組織代表者を集めた「全国県代表協議会」を党本部で開き、山口那津男代表ら執行部が、集団的自衛権行使を可能とする憲法解釈変更の閣議決定に理解を求めた。山口氏は「国民の権利が根底から覆される明白な危険」など新たな武力行使の3要件によって「自衛権行使の拡大に厳格な歯止めをかけた」と強調した。出席者から懸念は指摘されたものの、明確な反対論はなかった。

 同党が1週間前に開いた地方代表者の会合では批判が続出しており、一変した。来春の統一地方選などを見据え、地方の代表者側が執行部方針に理解を示しつつあるとみられる。
2014/07/05 21:24 【共同通信】
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

元々の記事が何処かに残ってないかと検索を続けると・・・
琉球新報にありました。
 【琉球新報:2014年7月5日 】
 『公明、憲法解釈で地方代表者会議 山口氏「平和主義堅持の結論」』

vvvvv 以下 転載 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 公明党は5日、集団的自衛権行使を可能とする憲法解釈変更の閣議決定について議論するため、全国の地方組織代表者を集めた「全国県代表協議会」を党本部で開いた。山口那津男代表は「『平和の党』として与党協議をリードし、憲法の平和主義を堅持する結論を導いたと確信している」と理解を求めた。
 同時に「外国の防衛それ自体を目的とする、いわゆる(全面的な)集団的自衛権は今後も認めない」と強調した。
 党執行部は1日の閣議決定の内容や経緯を説明。地方組織の根強い懸念を払拭したい考えだ。
 協議会には、党所属国会議員や都道府県本部の代表、幹事長らが出席した。
(共同通信)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

見出しも、内容も全然違う。
それどころか、記事から受ける印象が正反対。

元の記事にある公明山口代表の発言
 「『平和の党』として与党協議をリードし、憲法の平和主義を堅持する結論を
  導いたと確信している」

からは、何とも嘘くさい欺瞞に満ちた印象を受けるけれど、
新しい記事ではこの部分が削除されて、
 「自衛権行使の拡大に厳格な歯止めをかけた」
となっている。
(もちろんこれも嘘なんだけど、この言葉だけでは見破れない)

そして何より記事の結びの部分が全然違う。
元は、
 <党執行部は1日の閣議決定の内容や経緯を説明。
  地方組織の根強い懸念を払拭したい考えだ。>

だったのが
差し替え後は、
 <地方の代表者側が執行部方針に理解を示しつつあるとみられる。>

”根強い懸念””理解を示しつつある”に摩り替わっている。

何ですか、これは?!

おそらくは、全国の公明党員や創価学会信者の
「根強い懸念を払拭したい」公明党執行部や安倍自民党の意向に、
共同通信が「理解を示し」た結果なんじゃないですか?

同じトピックを扱った記事が、わずか8時間で
まったく違う印象を与える記事に差し替えられる異常


大手マスコミ幹部が頻繁に総理と会食を繰り返す異常

国の交戦権を否定した憲法を、世界何処でも行って
同盟国(米国)の為に武力行使していいのだ、と解釈する異常


「戦争の最初の犠牲者は”真実”である」 とはよく言ったものです。

すっかり異常な国と成り果てた日本を悲しんで、
涙を流す ありぎりす であった。 (T^T)

関連する過去のブログ:
 『亡国の茶坊主について 』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
差し替えられた記事に思う ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる