ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS とうとう戦争が始まった

<<   作成日時 : 2015/01/25 15:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

「イスラム国」による日本人人質事件、
ついに人質の一人、湯川遥菜さんが殺害されてしまったようです。 (;_;)

今回の事態を招いた直接の原因は、日本政府、安倍首相の
言動にあるのは明白です。

そのことを批判するどころか、曖昧にして見当違いの話をする
テレビなどマスコミなどにも憤りを感じるのですが・・・

私が、今回取り上げるのは、こちらのニュース。

 【NHK:2015年1月25日】
 『オバマ大統領が声明 強く非難』

vvvvv 以下 オバマ大統領の発言 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
「アメリカは同盟国、日本と協力しており、遠く離れた地域の平和と発展への日本の貢献を支持している。犯人を裁きにかけるため共に取り組むとともに、『イスラム国』を弱体化させ、最終的には壊滅させるため、断固とした行動をとり続ける」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 アメリカは同盟国の日本と協力して「イスラム国」を壊滅させる
と言っているのです。

湯川遥菜さん殺害の報が入るやいなや、
まってましたとばかりに出されたこの声明・・・
これは事実上の宣戦布告です。

まったくもって、してやられたとゆうか、なんとゆうか・・・
いや、もしかしたら、安倍政権も共犯なのかもしれませんから、
「してやられた」とゆう表現も適当ではないのかもしれませんが・・・

何にしても、これで日本は米国が始めた「対テロ戦争」の最前線、
矢面に、紛争当事国として立たされてしまった
、とゆうことです。

今後予想される展開は、日本の自衛隊がシリアやイラクに派遣されて、
米軍と一緒に「イスラム国」と泥沼の戦いをするとゆうことでしょう。
もしかしたら、戦火はイランなどにも飛び火をして、中東大戦争の
様相を呈するようになるかも知れません。

湯川遥菜さんは、この後の戦争で殺害される、何十万、
何百万もの人たちの先駆け、最初の犠牲者なのかもしれません。

安倍首相の言う「積極的平和主義」とは、つまるところ、
日本の納税者が納めた税金で、アメリカから武器を買って、
アメリカやイスラエルの敵(主にイスラム圏の人たち)と
日本の若者たち(自衛隊)が戦って、殺し合いをする。

そうゆうことではないでしょうか?
いったいどこに日本の「国益」があるとゆうのでしょうか? ヽ(`Д´メ)ノ

しかしまぁ、それほど悲観することもないのかもしれません。

平和でおバカで能天気だった国が、戦場に軍隊を送って殺し合いをして、
日々、報復テロに怯えながら暮らす、普通の国になる。

もしかしたらそれだけの、ありふれた話なのかもしれません。┐ (´ー`)┌

ちょっと投げやりな気分になってしまう ありぎりす であった。


関連する過去のブログ:
 『明日、戦争が始まる 追記あり 』
 『【衆院選】四年以内に戦争になる』
 『子供たちを殺して経済成長?!  追記あり 』
 『戦争を待望する連中について 追記あり』
 『戦争依存症の国とその奴隷』
 『軍隊では国民を守れません』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
同感です。私から見れば今回の事件は、まさに安倍政権が強引に進めようとしている集団的自衛権行使の「走り」になる事例ではないかと思います。
「飛んで火に入る夏の虫」・・・「雉もながずば撃たれまいに」を地でいく事件ですね。
あきさん
2015/01/26 10:46
>あきさん
コメントありがとうございます。
事態は深刻です。
日本は米国の戦争に引きずり込まれたのです。
おそらく今回の事件は、ほんの始まりに過ぎないでしょう。
ありぎりす
2015/01/26 11:04
何か勘違いしていらっしゃるようですが、オバマ政権は他国の介入に消極的で公約にもそれを掲げて当選したので、国民の支持を下げるような真似はしないでしょうし、アメリカがしないのなら日本にも強要したりはしないはずです。

国の戦いは様々で経済制裁や敵対国に対して資金を流ししたりと決して戦地に赴く事だけが壊滅につながるわけではないのです。

北朝鮮が中国と仲が悪くなって日本に拉致問題ですり寄ってきたり、ロシアがウクライナ問題で経済制裁をくらっていたりと最近も国がおこなっていた制裁方法はいろいろあったはずです。

ありぎりすさんは50代で新聞を多くチェックしているとありましたが、私がいくつか読んだ記事から自分が知りたい事だけを認識し、都合の悪いことは屁理屈で思考の片隅に追いやっているが故にこういった間違いが起きているように感じました。
トランプ
2015/01/28 14:35
何がどうなってるのか分かりませんが、 トランプさんのコメントが投稿されてますね。 トランプさんへの回答は別のエントリを起こしましたので、 そちらをご覧くださいね。
『「トランプ」さんのコメントについて』
http://arigirisu.at.webry.info/201501/article_11.html
ありぎりす
2015/01/29 17:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
とうとう戦争が始まった ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる