ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「トカゲの尻尾切り」を許してはいけない

<<   作成日時 : 2015/02/24 12:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、突然、西川農相が辞任してしまいました。
 【北海道新聞:2015年02月23日】
 『西川農相が辞任 政治資金問題の責任取り 後任は林氏で調整』


大手メディアはあまり詳しいことを報じていないようなので、
何がどうなっているのか、よく分からない人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、西川農相辞任までの経緯を整理してみようと思います。

西川農相が辞任したのは、政治資金について数々の疑惑が
表面化してきたことが原因です。
 【日刊ゲンダイ:2015年2月14日】
 『辞任必至 西川農相が受け取った“真っ黒”な政治献金』

 【日刊ゲンダイ:2015年2月20日】
 『TPP聖域業界こぞって献金 西川農相“真っ黒”な資金報告書』


しかし、西川議員には説明責任を果す意志は毛頭ないようです。
 【毎日新聞:2015年02月23日】
 『西川農相:「分からない人には分からない」辞表提出後に』


当初安倍官邸は、西川農相をかばっていました。

国会で、こうした疑惑について追求されると、
安倍首相は、自らヤジまで飛ばします。
 【with news:2015年02月19日】
 『「日教組!」安倍首相が突然ヤジ 衆院予算委、自民委員長も困惑』

vvvvv 以下一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 以下、安倍首相ら3人の発言内容です。

安倍首相「日教組!」
玉木議員「総理、ヤジを飛ばさないでください」
玉木議員「いま私、話してますから総理」
玉木議員「ヤジを飛ばさないで下さい、総理」
玉木議員「これマジメな話ですよ。政治に対する信頼をどう確保するかの話をしてるんですよ」
安倍首相「日教組どうすんだ!日教組!」
大島委員長「いやいや、総理、総理……ちょっと静かに」
安倍首相「日教組どうすんだ!」
大島委員長「いや、総理、ちょ…」
玉木議員「日教組のことなんか私話してないじゃないですか!?」
大島委員長「あのー野次同士のやり取りしないで。総理もちょっと…」
玉木議員「いやとにかく私が、申し上げたいのは…」
玉木議員「もう総理、興奮しないでください」

議場は騒然
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
総理大臣が首相席から質問者にヤジを飛ばすとゆうのも
前代未聞ですが、そのヤジもデマに基づく根拠の無いものでした。
 【北海道新聞:2015年02月23日】
 『首相、やじ問題で訂正 日教組補助金「私の誤解」』


そして、過去、安倍首相はその時々の立場によって、「ヤジ」についての
認識をコロコロ変えてもきたのです。
 【真実を探すブログ: 2013年12月10日】
 『民主党政権時の安倍晋三「ヤジは議場の華」⇒現在の安倍晋三「ヤジは知る権利の侵害」 』

定見がないにもほどがあります。 (-_-メ

安倍政権の醜悪さは、「ヤジ」の下劣さばかりではありません。
裏では、ナチスも顔負けの謀略政治を行っているのです。
その協力者が、大手マスコミ、特に「読売」「産経」が酷い。(´∩`。)
 【日刊ゲンダイ:2015年2月23日】
 『「政権が情報操作している」農相追及の玉木議員が報道に怒り』


 【リテラ:2015年02月23日】
 『西川農水相の疑惑隠し謀略! 安倍自民党が産経を使い疑惑追及の民主党議員をデマ攻撃』

vvvvv 以下一部引用 強調byありぎりす vvvvvvvvv
 産経新聞の記者から掲載の連絡を受けた玉木議員は「違法性がないと認めたのに掲載するのはおかしいのではないか」と反論したが、産経の記者はとにかく
「上の判断で掲載することになりました」「社の方針です」と繰り返すばかり。では「個人的にはどう思うのか」と聞いたところ、「個人的には掲載する必要はないと思います」と言ったのだという。

 いっておくが、これは産経新聞がたんにでっち上げをしたとか、「上」からのいいなりで事実でないことを書く記者にジャーナリストの資格がないというだけの話ではない。問題はなぜ、「上」からそういう指令がおりてきたのか、だ。

 玉木議員はブログにこう書いている。

「取材に来た記者たちも、暗に自民党サイドからの情報提供および取材依頼であることを示唆した。(実は秘書が気をきかせて取材は全て録音している)」

 そう。産経の報道は官邸=自民党が西川農水相の疑惑隠しのためにやらせたものだったのだ。実際、玉木議員が質問に立った19日夜、西川農水相が囲み取材で、「今日質疑に立った民主党議員の政治資金に関する記事が出るぞ」と記事掲載を予告する発言をしている。また、玉木議員によれば、「その直前、自民党国対から西川大臣に電話が入ったことも確認されている」という。

 実は、昨年10月にも同様の動きがあった。小渕優子や松島みどりの「政治と金」が問題なった後、そのカウンターのように民主党の枝野幸男幹事長、福山哲郎政調会長、大畠章宏前幹事長、近藤洋介衆院議員、さらには維新の党の江田憲司共同代表などの政治資金収支報告書記載漏れ、不正が一斉に報道されたのだ。

「このとき、内閣情報調査室(内調)が官邸の命を受けて、全国で民主党議員の収支報告書の開示請求を実施し、徹底的に調べあげた。それを菅義偉官房長官、今井尚哉首相秘書官が産経や読売に流したのです」(全国紙政治部記者)

 実は今回の玉木議員についても、翌日、すぐに取材に動いたところを見ると、このときに内調が調べたデータを使った可能性が高い。玉木議員は出所を「自民党」と言っているが、その大元にいるのは、安倍首相と内調のトップ・北村滋内閣情報官のラインではないかといわれているのだ。

「北村氏は今井首相秘書官と並んで安倍首相がもっとも重用している側近中の側近ですが、公安出身だけあって謀略情報を流すのが得意。安倍首相と毎日のように二人で会っているのもほとんどは情報操作の仕掛けを相談しているといわれています。実際、例の「枝野幹事長=革マル献金」発言など、安倍首相の一連の謀略発言は、菅官房長官をすっ飛ばして、北村氏から直で情報をとっている。今回も、西川大臣の問題に加えて、ヤジ発言で安倍首相に追及が飛び火しそうになったため、北村氏が安倍首相にこういう情報がありますよ、と進言したのではないかといわれています」(前出・全国紙政治部記者)

 自分たちを批判する者、自分たちの疑惑を追及しようという者を、秘密警察を使って調べ上げ、御用メディアにデマ情報を書かせて吊るし上げる。オーバーじゃなく、安倍政権はナチス並みの謀略政治を行っているのだ。
(野尻民夫)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

西川農相の政治資金問題、安倍政権は
トカゲの尻尾切りよろしく、西川農相を辞任させて
ことを納めるつもりでしょう。

しかし、それで納得してはいけません。

今回の辞任劇は、単純に「政治と金」の問題ばかりではなく、
 安倍政権が極めて危険な謀略政治を行っている
とゆうこと、
 日本の民主主義が崩壊する瀬戸際にある
とゆうことなどが、あらためて露になった。

そこが重要なポイントなのだと思います。

こんな愚かで危険な政権を野放しにしていてはいけません。

彼らはいずれ、私たち国民に牙をむきます。

危険な毒トカゲは頭を潰してトドメを刺さないとダメなのです。

参考:
 【日刊ゲンダイ:2015年2月22日】
 『政府広報予算83億円に メディアが食らう“毒まんじゅう”』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「トカゲの尻尾切り」を許してはいけない ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる