ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 皇太子発言をねじ曲げた政府広報 NHK

<<   作成日時 : 2015/02/26 10:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝、朝日新聞編集委員の上丸洋一さんのツィートを読んで
ギョッとした。 (°ロ°;)




またもやったかNHK?! (-_-メ

そこでさっそく確認してみたところ・・・・

 【NHKニュース:2月23日】
 『皇太子さま 55歳の誕生日』

vvvvv 以下 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
続いて、国際情勢に目を向け、この1年も中東などで武力紛争が続いたとして、「特にわが国国民を含め、市民を巻き込むテロの事件がさまざまな場所で発生したことに深く心を痛めています」と話し、みずから取り組んでいる環境保全や水の問題にも触れたうえで、「世界の平和と繁栄をいかに将来にわたり実現していくかが今改めて問われているように思います」と述べられました。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

上記NHKの報道では、あたかも皇太子が、
安倍政権の言う「積極的平和主義」「テロとの戦い」
肯定的にとらえているかのような印象を受けるのですが・・・

 【朝日新聞:2015年2月23日】
 『皇太子さま55歳 記者会見全文』

vvvvv 以下 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 このように技術革新により新たな経済活動が生まれる一方で、世界経済は、先進国、開発途上国の双方が、所得格差や若年者の失業などの課題を抱え、通貨や石油価格の変動などの問題に直面しています。国際情勢に目を向ければ、この1年も中東などで武力紛争が続きました。特に我が国国民を含め市民を巻き込むテロの事件が様々な場所で発生したことに深く心を痛めています。昨年11月にお会いしたグテーレス国連難民高等弁務官から子供を含め難民を取り巻く環境は深刻であるとのお話を伺いました。また、10月に私が名誉総裁を務める、国連「水と衛生に関する諮問委員会」の第23回会合の水循環・水と災害特別セッションやオマーン王室のイニシアティブに基づく第3回スルタン・カブース学術講座での「持続的発展に向けた水資源の管理」に関するシンポジウムが東京で開催され、出席しましたが、環境保全や水の問題の解決などを通じ持続可能な社会をいかに実現するかは喫緊の課題です。このように世界の平和と繁栄をいかに将来にわたり実現していくかが今改めて問われているように思います。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

確かに皇太子は「テロ」に「心を痛めています」と
言ってはいますが、主に問題にしているのは、
 ・所得格差や若年者の失業などの課題
であり、
 ・通貨や石油価格の変動などの問題
であり、
 ・子供を含め難民を取り巻く環境
であり、
 ・環境保全や水の問題
などです。

文脈から判断するならば、皇太子の発言の主旨は、
こうした諸問題が、「テロ」をはじめとした「武力紛争」の
原因になっている、ということでしょう。

偏向報道にもほどがありますよ、NHK!! ヽ(`Д´)ノ


次に「戦後70年」について・・・

 【NHKニュース:2月23日】
 『皇太子さま 55歳の誕生日』

vvvvv 以下 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
さらに、戦後70年にあたって皇太子さまは、「戦争の記憶が薄れようとしている今日(こんにち)、謙虚に過去を振り返るとともに、戦争を体験した世代から戦争を知らない世代に、悲惨な体験や日本がたどった歴史が正しく伝えられていくことが大切であると考えています」と話されました。
そして、「本年が、日本の発展の礎を築いた人々の労苦に深く思いを致し、平和の尊さを心に刻み、平和への思いを新たにする機会になればと思っています」と述べられました。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 ・歴史が正しく伝えられていくことが大切
この言葉は、「南京大虐殺はなかった」「従軍慰安婦は単なる売春婦」
などとイカれた主張をする歴史修正主義者や、
「憲法は進駐軍に押し付けられた」などと言う改憲論者なども、
喜ばせるセリフです。

でも、実際に皇太子は何と言っていたのか?

 【朝日新聞:2015年2月23日】
 『皇太子さま55歳 記者会見全文』

vvvvv 以下 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
先の大戦において日本を含む世界の各国で多くの尊い人命が失われ、多くの方々が苦しい、また、大変悲しい思いをされたことを大変痛ましく思います。広島や長崎での原爆投下、東京を始め各都市での爆撃、沖縄における地上戦などで多くの方々が亡くなりました。亡くなられた方々のことを決して忘れず、多くの犠牲の上に今日の日本が築かれてきたことを心に刻み、戦争の惨禍を再び繰り返すことのないよう過去の歴史に対する認識を深め、平和を愛する心を育んでいくことが大切ではないかと思います。そしてより良い日本をつくる努力を続け、それを次の世代に引き継いでいくことが重要であると感じています。

 両陛下には、これまで様々な機会に、戦争によって亡くなられた人々を慰霊し、平和を祈念されており、今年は、戦後70年に当たり、4月にパラオ国をご訪問になります。戦後60年にはサイパン島をご訪問になりましたが、お心を込めて慰霊されるお姿に心を打たれました。また、両陛下には、今年戦後70年を迎えることから、昨年には広島、長崎、沖縄で戦没者を慰霊なさいました。私は、子供の頃から、沖縄慰霊の日、広島や長崎への原爆投下の日、そして、終戦記念日には両陛下とご一緒に黙祷(もくとう)をしており、その折に、原爆や戦争の痛ましさについてのお話を伺ってきました。また、毎年、沖縄の豆記者や本土から沖縄に派遣される豆記者の人たちと会う際に、沖縄の文化と共に、沖縄での地上戦の激しさについても伺ったことを記憶しています。

 私自身もこれまで広島、長崎、沖縄を訪れ、多くの方々の苦難を心に刻んでまいりました。また、平成19年にモンゴルを訪問した際に、モンゴルで抑留中に亡くなられた方々の慰霊碑にお参りをし、シベリア抑留の辛苦に思いをはせました。

 私自身、戦後生まれであり、戦争を体験しておりませんが、戦争の記憶が薄れようとしている今日、謙虚に過去を振り返るとともに、戦争を体験した世代から戦争を知らない世代に、悲惨な体験や日本がたどった歴史が正しく伝えられていくことが大切であると考えています。両陛下からは、愛子も先の大戦について直接お話を聞かせていただいておりますし、私も両陛下から伺ったことや自分自身が知っていることについて愛子に話をしております。

 我が国は、戦争の惨禍を経て、戦後、日本国憲法を基礎として築き上げられ、平和と繁栄を享受しています。戦後70年を迎える本年が、日本の発展の礎を築いた人々の労苦に深く思いを致し、平和の尊さを心に刻み、平和への思いを新たにする機会になればと思っています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
皇太子は、先ず、
 戦争の惨禍を再び繰り返すことのないよう
 過去の歴史に対する認識を深め、
 平和を愛する心を育んでいくことが大切

と述べ、結論部分では、
 我が国は、戦争の惨禍を経て、戦後、
 日本国憲法を基礎として築き上げられ、
 平和と繁栄を享受しています。
 戦後70年を迎える本年が、日本の発展の
 礎を築いた人々の労苦に深く思いを致し、
 平和の尊さを心に刻み、平和への思いを新たにする
 機会になればと思っています。

と語っていたのです。

皇太子の発言の主旨は、
 平和の尊さ
であり、その「基礎」は
 「日本国憲法」である
とゆうことです。
そうした発言の主旨をねじ曲げる、
NHKの報道は酷すぎます。
完全に政府広報に成り下がっています。 ヽ(`Д´メ)ノ


そして、「平和」も「憲法」も「皇室」さえも蔑ろにする
安倍自公政権は、NHKばかりでなく、マスコミ各社を抱き込んで、
謀略政治、恐怖政治を行うネトウヨ暴走政権です。


こんな愚劣な政権が国民を守る道理がありません。

いつまでもこんなことを許していてはいけません。
一刻も早く、大惨事安倍政権を倒さねばなりません。

そう強く主張する ありぎりす であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
皇太子発言をねじ曲げた政府広報 NHK ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる