ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「戦争ではない」だとぉ?! (°ロ°;)

<<   作成日時 : 2015/06/07 12:20   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

いまネット界隈では、礒崎陽輔国家安全保障担当内閣総理大臣補佐官の
ツィッターでの発言が物議をかもしているようです。

 【ツィッターまとめ】
 『礒崎首相補佐官、市民との論戦で、違憲戦争法案による自衛隊の海外派遣は「参戦」、「湾岸戦争は戦争ではなかった」と公言』


詳しくはリンク先を読んでいただくとして、
礒崎陽輔補佐官の主だった主張を抜き出して、
ツッコミを入れてみます。





>参戦だから憲法違反だとおっしゃるのであれば、・・・
いやいや、「参戦」したら、もちろん憲法違反ですよ。 ( ´,_ゝ`)プッ

でもまぁ、これはつい口が滑ったのかもしれません。
(本音が漏れた、語るに落ちた、とも言えますが・・・)




>憲法第9条の解釈として、当該条文が禁止しているのは「武力の行使」

これは事実と違います。
礒崎補佐官の誤認もしくは、嘘です。

 日本国憲法
  第二章 戦争の放棄
   第九条
    日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を
    誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による
    威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段
    としては、永久にこれを放棄する。
    (2)前項の目的を達するため、陸海空軍その他の
    戦力はこれを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


九条が禁止しているのは、「武力の行使」だけでなく、
  ・戦争
  ・武力による威嚇
  ・武力の行使
  ・戦力の保持
  ・国の交戦権

です。

「砂川判決」についての記述も悪質です。
「砂川判決」の言う「自衛権」は、「集団的自衛権」ではありません。
また、「砂川事件」の一審判決では、日米安全保障条約と
条約による米軍の駐留、米軍基地を違憲としたのですが、
最高裁でそれが覆ったのです。
しかし、その背景には、日米間での密約があったことが、
後に公開された文書で明らかになっています。
 【薔薇、または陽だまりの猫:2013-04-08】
 『「司法権の独立揺るがす」資料見つかる。「砂川事件」裁判で最高裁長官が・・・/NHK(追記あり)』



そして、礒崎補佐官は、「湾岸戦争」は「戦争」ではない、と仰る。








えぇぇぇとぉ。
礒崎補佐官は、
 「クウェートは個別的自衛権を行使したのですから、そこは戦争であった」
 「イラクの行為は不当な侵略行為ですから、「戦争」です」
 「多国籍軍の集団安全保障措置は、「戦争」とは呼ばない」

などと仰るのです。

はて、さて?

「戦争」とゆう言葉を広辞苑で調べてみると・・・
 武力による国家間の闘争
と書かれています。

さて、ここで、A国とB国が武力を用いて闘争を
繰り広げていたとして、この武力闘争について、
A国は「戦争」だが、B国は「戦争」じゃない。
なんてことが有り得ますか?
有り得ないでしょう。
この武力闘争は、不可分な「A国、B国間戦争」ですよ。

ただ、「集団安全保障措置」≠「戦争」とは言えるでしょうね。
「集団安全保障措置」とゆうのは、なにも「軍事的制裁」だけを
意味するわけではありませんからね。
他に
 ・調停活動
 ・予防外交
 ・経済的制裁
 ・停戦や兵力撤退などの要請
 ・停戦監視団・平和維持部隊の派遣
などがあります。

ですから、集団的自衛権など行使しなくても、
 国際紛争を解決する手段として、
  ・戦争
  ・武力による威嚇
  ・武力の行使
 を永久に放棄した、我が国、日本にも、
国際平和のために出来ることは沢山あるのです。

それとも、礒崎補佐官は、
 「軍事的制裁」は「戦争」じゃない
と仰るつもりでしょうか?

ここで ありぎりす は、過去の「戦争」を想起します。

約80年前の日本政府(第一次近衛文麿内閣)は、
支那事変は戦争ではない、「暴支膺懲」だと言って
上海に侵攻したのです。
(暴支膺懲:は乱暴な中国を懲らしめるという意味)

「戦争ではない、制裁だ」と言って始めた「戦争」、
その後どうなったかは、説明する必要もないでしょう。


あと、「後方支援」は「武力行使」ではないから、
憲法に違反しない、というのも詭弁です。

先日共産党の志位委員長も述べたように、
紛争当事国に対する「後方支援」(兵站:ロジスティックス)は、
明白な戦争行為です。
 『志位委員長に完敗した安倍首相にさらに戦場ジャーナリストがツッコミ―どこまでも対米追従な安保法制』

 【YouTube】
 『戦争法案 志位委員長の質問(5/27)』
 
 『戦争法案 志位委員長の質問(5/28)』

(念のために書いておきますが、私は共産主義者ではないし、
 特定の政党を支持してもいません。
 その都度正しいと思う主張を支持し、間違っていると思う
 言説には反対するだけです。)

憲法は戦争を禁じているのですから、たとえ「武力行使」がなくても、
「後方支援」(兵站)=戦争行為は、違憲です。

おまけ:
礒崎補佐官と言えば、三年まえには、こんなツィートしていましたっけね。


 【ツィッターまとめ】
 『(追加あり)立憲主義を知らない自民党「憲法起草」委、事務局長、「礒崎陽輔」議員に関する法律関係者のコメント』


国家安全保障担当内閣総理大臣補佐官の出鱈目ぶりに、
開いた口が塞がらない ありぎりす でありました。 (°ロ°;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「戦争ではない」だとぉ?! (°ロ°;) ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる