ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒゲの隊長さんがいろいろと酷い件 (´∩`。)

<<   作成日時 : 2015/07/09 21:28   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今回取り上げるのはこちらのニュース。

 【日テレNews24:2015年7月9日】
 『女性自衛官のブログ 自民党が問題視』

vvvvv 以下引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 女性自衛官のブログが自民党で問題視されている。

 かつて慰安婦についての報告書を国連・人権委員会に提出したクマラスワミ氏と昼食をともにしたことを、現役の女性自衛官がブログで「光栄なこと」と書いていた。

 クマラスワミ氏の報告書は事実と異なる内容を多く含む事などから、7日の自民党国防部会で、複数の議員が「軽率だ」などと批判した。

 防衛省は「誤解を招いた点について反省する」などの記述をブログに加えるよう調整している。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

映像では、おそらく「自民党国防部会」の様子が映ってまして
ヒゲの隊長こと、佐藤正久参議院議員がマイクを持って話している・・・

そして、彼らが問題視しているブログがこちら。
 【在ベルギー日本国大使館 Chizuの部屋】
 『第3回 NATOへの来訪者』

vvvvv 以下 クマラスワミ氏に関する記述 vvvvvvvvvvvvv
    さて今回は、NATO事務総長特別代表(女性、平和、安全保障担当)オフィスへの来訪者についてご紹介します。1月のことになりますが、当オフィスにとっては貴重な方々がNATO本部を訪問されました。

    まずは、ラディカ・クマラスワミ氏。彼女は、1996年に女性に対する暴力とその原因及び結果に関する国連の報告書(「クマラスワミ報告」)を担任したことで有名です。その後は、国連事務次長や国連事務総長特別代表(子どもと武力紛争担当)等を務めた人物です。

    今年2015年は、国連安保理決議1325号「女性、平和、安全保障」(2000年)から15周年の節目に当たり、国連は1325号の履行状況に係る総括報告を予定しています。彼女は、この報告の筆頭著者(Lead author)として今年秋の国連での発表に備え、成果収集等のため関係機関を訪問しているのです。NATO本部にはこのたび1月に訪問し、アフガニスタンのジェンダーアドバイザー等を経験した軍人等との懇談に加え、NATO加盟各国やパートナー国等からの参加を得て、1325号の履行状況等について意見交換をしました。私は、光栄なことにNATO特別代表とともにクマラスワミ氏と昼食に同席する機会を頂きました。

    スタッフレベルの私にとって昼食への参加は特例だったので、恐縮しつつではありましたが、もてなしの気持ちだけでもお伝えしたいとテーブルに星や季節の花の折り紙を置いたところ、ちゃんと日本の物だと気づいて下さいました。そして、「自分もアジア出身(スリランカ出身)だから、NATOで日本人が勤務していることに親近感を持った。日本にはジェンダー分野で将来アジアを引っ張る立場を期待している」との言葉を頂きました。女性の処遇には依然厳しい環境の南アジア出身で、またアフリカを始め紛争影響国の現場を数多く見てきたはずの彼女は、とても穏やかで徳が感じられる方でした。NATO本部の訪問はわずか半日でしたが、NATOの取組みと成果についてのインプットを得られたようです。発出予定の総括レポートでは、NATOの取組みだけでなく幅広い成果に触れられることを期待しています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
いったい何が問題だとゆうのでしょうか?

ヒゲの隊長らは、
>国連事務次長や国連事務総長特別代表(子どもと武力紛争担当)等を務めた人物
との昼食に同席したことを「光栄なこと」と表現したのが
問題だと言うのです。

日テレも、
>クマラスワミ氏の報告書は事実と異なる内容を多く含む事などから、・・・
などと、あたかも当たり前のように報じていますが、
そもそもそれが大嘘です。
いったい誰がそんなことを言っているのか?
具体的にどこが「事実と異なる」のか?
卑劣にも日テレは報じません。
「クマラスワミ報告」が「事実と異なる内容を多く含む」なんて
事実はありませんよ!! ヽ(`Д´)ノ


詳しくは過去の拙ブログ
 『「嘘」を言うだけの奴らは楽でいいよね 』
 『取り返しのつかないことになりますよ!! 追記あり 』

などをご参照ください。

違憲な「戦争法案」に反対する学者の声明は広く知れ渡ったけれど、
「慰安婦」問題を始めとする歴史改竄に対する学者の声明は
ほとんど報道されていません。
 【赤旗:「慰安婦」問題解決を 日韓歴史問題 学者ら281人が声明】

そのうえ読売グループやフジサンケイグループなどが
平気で嘘を垂れ流すので非常識な歴史認識が、
日本国内に定着してしまいそうです。
このまま多くの日本人が誤った歴史認識に染まってしまったら、
日本は世界中から軽蔑されて、孤立してしまいます。
まったく嘆かわしいことです。 (´∩`。)

あと、こちらをご紹介。
 【ユーチューブ】
 『【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた 』



あかりちゃん、ナイス突っ込みです。 b(>_^)

ちなみにオリジナルがこちら。
 【ユーチューブ:2015/07/02】
 『教えて!ヒゲの隊長 』

80年前、世界から孤立して暴走し、
無謀な戦争で無数の悲劇を生み出した、
同じ過ちを繰り返してはいけません。

邪悪な嘘に騙されてはいけません。

参考:
 「河野談話」「クマラスワミ報告」以後も
 慰安婦問題についての研究は進められていて、
 慰安所の設置、管理に旧日本軍や日本政府が
 関与していたことがより鮮明になっています。
  【朝日新聞:2015年7月2日】
  『(慰安婦問題を考える)「慰安所は軍の施設」公文書で実証 研究の現状、永井和・京大院教授に聞く』


 そして、いつ頃からこうゆう大嘘を言う連中が
 のさばってきたのかとゆうと・・・
  【日刊ゲンダイ:2015年7月9日】
  『97年が右傾化の契機…元プロデューサーが語る“NHKのタブー” 』

vvvvv 以下一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
池田氏には「1997年」が、日本が右傾化した“契機”と映る。

「1月に『新しい歴史教科書をつくる会』が発足し、2月には安倍首相が事務局長を務める『日本の前途と歴史教育を考える議員の会』が設立されました。あれで、一気に世論が変わったのです。“慰安婦”の記述に関しても、97年度版にはしっかり書かれていたのに、最新の12年度版ではゼロ。NHKでは97年度以降、慰安婦問題の企画は何度出しても通らず、今から5年前、定年退職するまで、関連ドキュメントや調査報道は作れませんでした。NHKが唯一放送した、2000年の女性国際戦犯法廷に関する番組では、ご存じの通り、自民党の政治介入が明らかになっています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
『新しい歴史教科書をつくる会』はその後、イカレタ宗教団体
「キリストの幕屋」などが入り込んだり、内部分裂したり。
現在「つくる会」は「自由社」から、分裂した片割れの
「教科書改善の会」はフジサンケイグループの「育鵬社」から、
それぞれ教科書を出している。

宗教右翼(国家神道の残党)の「日本を守る会」と
保守系文化人(軍国主義の亡霊)の「日本を守る国民会議」が合併して、
「日本会議」が設立されたのも、1997年
写真はいま発売中の週刊プレイボーイ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒゲの隊長さんがいろいろと酷い件 (´∩`。)  ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる