ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大盛マシマシでな!!

<<   作成日時 : 2017/03/29 15:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

森友学園問題が発覚して、2月15日に
私はブログで、
 『さすがにこれは、「アウト」でしょう』
と書きました。

私がそう考えたのは、日本の大衆は
依怙贔屓に対しては過敏に反応する傾向が
あると思ったからです。
大衆はこのスキャンダルを絶対に許さないだろうと
考えたのです。

 「〜ちゃんばっかりズルいぃ」
という、まぁハッキリ言うと義心ではなくて
妬心劣情の類ですね。

これまで安倍自民は、生活保護叩きなどで
高い支持率を得てきた側面があったと思います。
これも、
 「生活保護受給者のほとんどが不正受給」
 「生活保護受給者は在日韓国人ばかり」
といったデマが背景にあって、
デマに騙される人たちが、
 「在日特権は許さない!!」
などといきり立つ。
そんな傾向があったんじゃないでしょうか?

しかし実際は、生活保護受給者のほとんどが
高齢者、傷病者、母子家庭で、
不正受給はわずか0.4%なのに、です。

安倍政権はこうゆうデマと大衆の劣情に乗じて、
これらを利用して、福祉や社会保障を削減し、
大衆に痛みを押し付け、その反面大企業には
利益を誘導しながらも、高い支持率を
維持してきたのです。

これまで、経済、外交、安全保障、原発等々で
散々出鱈目な政策をやってきた安倍政権。
それにも関わらず支持率が下がらなかった。
それがここにきて、
 「森友学園ばっかりズルい」
 「加計学園もか?」
 「依怙贔屓だ!!」
とまぁ、大衆の劣情、怒りが安倍政権に
向かいだして、支持率も急落。

皮肉な話です。 (´∩`。)

安倍政権はもちろんとんでもなく酷いのですが、
私たち大衆もとてつもなくレベルが低い。 (T^T)

 「この国民にして、この政府あり」
これは19世紀、英国の評論家
トーマス・カーライルの言葉だそうです。

私たち自身がもうちょっとマシにならないと、
もっとマシな政府は持てないってことですかねぇ。

おぉ、オヤジィ、
知性理性、それと義心

大盛マシマシでな!!


そんな気分の ありぎりす であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大盛マシマシでな!! ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる