ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 狂信のルーツ その2

<<   作成日時 : 2017/04/12 11:25  

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

祭政一致の方針を掲げた明治政府は
「国家神道」神道国教化政策を推し進めました。

前回のブログ『狂信のルーツ』では、
この「国家神道」を取り上げました。

今回は、民間信仰について考えてみます。

明治25年、出口ナオを開祖として、
「大本教」が誕生します。
出口ナオは、神がかりによる自動書記「お筆先」により、
信者を集めました。
その内容は、
 艮の金神が「世の立替えを致すぞよ」
などと言うもの。
ある種の救世主待望論、メシアニズムでしょうか。
それが貧しい大衆に受け入れられたとゆうことでしょう。

ナオの没後、教団を受け継いだのが、ナオの娘婿、
出口王仁三郎(でぐちおにさぶろう)。
この王仁三郎によって大本教は第一次大戦のころに
巨大な宗教団体へと大発展を遂げます。

しかし、1935年、不敬罪、治安維持法違反容疑で
幹部60人が逮捕され、教団本部は爆破。

大本教は解散に追い込まれます。

国が大本を徹底弾圧したのは、それが邪教だったから
ではなくて、宗教における主導権争い、覇権争いだった
のだろうと ありぎりす は考えます。
当時の大本も「国家神道」と似たようなことを
言っていたようですしね。

はたして王仁三郎は偉大な霊能力者だったのか、
それとも希代のペテン師だったのか、知りませんが、
ナオや王仁三郎が言っていたことって、
 ぜんぜん現実になってないよね?
とは思います。

大本教解散後、そこから「崇教真光」など
多くの新興宗教団体が派生しました。

元大本教信者だった谷口雅春が興したのが
新興宗教の「生長の家」です。

この谷口雅春や臨済宗僧侶の朝比奈宗原
明治神宮の伊達巽宮司などが1974年に立ち上げたのが
「日本を守る会」
それが財界、政界、学界、宗教界などの
右翼思想の人々の集まり「日本を守る国民会議」
合併して1997年に結成されたのが「日本会議」

前述の「崇教真光」も,「日本会議」

「日本会議」の大きな柱のひとつが、
全国の神社を取り仕切る「神社本庁」
「本庁」と名乗っているけど、民間の宗教法人。
「国家神道」の残党とゆうか亡霊。

もう一つの柱が、谷口雅春の信者たち。
(現在の「生長の家」(三代目教主)は政治活動と
 距離を置いているのだそうな)

話題の森友学園籠池理事長谷口雅春信者で
「日本会議」大阪支部の幹部だった。

つまり、「日本会議」とゆうのは
「国家神道」の亡霊と新興宗教の連合体。

戦前から一貫して彼らが夢想しているのは、
 天皇に率いられた神国日本が
 世界を主導する

というファンタジー。 ┐(´∩`。)┌


そして、安倍政権を支える閣僚や安倍首相の側近、
ブレーンの多くが、谷口雅春信者。
 稲田朋美防衛大臣

 衛藤晟一内閣総理大臣補佐官

 伊藤哲夫日本政策研究センター代表

 高橋史朗明星大教授

 百地章元日本大学法学部教授

谷口雅春信者で
「日本会議」


連中が目指しているのは、戦前回帰
明治時代への復古。
すなわち
 ・天皇主権(国民主権、民主主義の否定)
 ・神道の国教化
そのための、憲法改悪運動。

画像


実際に連中は、身内の会合では、
それを公言して憚らない。
 『国民の権利没収改憲ムービー 憲法改正誓いの儀式』


こんな連中に、
狂信的な安倍カルト政権に、
 教育も憲法も触らせてはいけません!!

強く訴える ありぎりす であった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
支離滅裂で意味不明なので、
”巳蛙”さんの投稿コメントは
公開を許可しません。
悪しからず。
ありぎりす
2017/04/15 09:17
ありぎりさん❗
こうして発信していくって大事ですね‼
ののはな
2017/04/22 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
狂信のルーツ その2 ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる