ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ハレンチなのはどっちだ?!

<<   作成日時 : 2017/05/29 12:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昔、永井豪さんの作品で
 『ハレンチ学園』
というちょっとエッチなマンガがありましてね、
当時の小学生( ありぎりす も含む)の間で、
スカートめくりが大流行して、ちょっとした
社会問題になりました。 f(^-^;

しかし、現在の『ハレンチ学園』は
森友学園加計学園
そんな可愛い話じゃありません。


というわけで、今回は、いま話題の
 アッキード事件 加計学園ルート
について。

「官邸の最高レベルが言っている」
「総理のご意向だと聞いている」


などと書かれた文部科学省の内部文書について
5月25日に前文部科学省事務次官の
前川喜平氏が記者会見を行い。
問題の文書について、
 「私が在職中、担当部局から受け取った。
  確実に存在していた。真正なものだ」

と断言。
今治市の獣医学部新設については、
 「極めて薄弱な根拠の中で規制緩和が行われ、
  公正、公平であるべき行政の在り方がゆがめられた」
 「内閣府に押し切られた」

などと述べました。

当該文書について「怪文書みたいな文書」と言っていた
菅義偉官房長官は、前川氏の証言を否定し、
 「自ら辞める意向を全く示さず、地位に恋恋としがみついた」
さらに、前川氏が「出会い系バー」に出入りしていた件について、
 「教育行政の最高責任者として到底考えられない」
と非難しました。

はっきり言って、大事なのは、現職総理大臣の疑獄事件
アッキード事件の真相なのであって、
前川前文部科学省事務次官の人間性云々は、
どうでもいいことです。

おそらく菅官房長官は件の文科省内部文書の存在を
否定しきれなくなったために、前川氏の人間性を
攻撃することで証言の信頼性を下げようと考えたの
でしょう。

これは、日米の沖縄密約を暴露した西山記者を
女性スキャンダルで貶めてウヤムヤにした、
西山事件と同様の卑劣な手口です。
後に沖縄密約は事実だったことが明らかになりました。

まぁ、いいでしょう、それでは、菅官房長官をはじめとする
安倍官邸と前川前文部科学省事務次官と、どちらの
「人間性」が信頼できるのか、比べてみましょう。

まず、菅官房長官の
 「地位に恋恋としがみついておりました」
これは本当でしょうか?

文科省の天下り問題が報じられたのは、
今年の1月18日です。
 【毎日新聞:2017年1月18日】
 『文科省があっせんか 元幹部、早大へ再就職』

その翌日の19日、前川事務次官は、
辞意を表明しています。
 【北海道新聞:2017年1月18日】
 『天下り、文科次官が引責辞任へ 幹部懲戒処分、あっせん数十件か』

vvvvv 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
前川喜平文科事務次官(62)は19日、引責辞任する意向を固めた。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「地位に恋恋としがみついておりました」
「この天下り問題に対する世論からの極めて厳しい批判等に晒されて、
 最終的に辞任をされた方である」

なんて事実はありません。
これらの菅官房長官の発言は、
 大嘘です!!

次に、「出会い系バー」について、前川氏は、
 「出会い系バーはテレビのドキュメンタリー番組で知った。
  経済的に困窮した女性が朝まで居場所代わりに使ったり、
  そこで見つけた男性客に体を売ってお金を稼いだりしている
  実態は衝撃的だった。実際に生の声を聞きたくて足を運び始めた」

などと語っています。
 【AERAdot.:2017.05.27】
 『前川喜平はウソつきか? インタビューで答えた“総理と加計の関係”』

はたして、前川氏は言い逃れの嘘を言っているのでしょうか?
上述した記事を引用してみましょう。
vvvvv 以下一部引用 強調byありぎりす vvvvvvvvvvv
 前川さんは出会い系バーに足を運んでいたことを認め、通い始めたキッカケをこう話した。

「出会い系バーはテレビのドキュメンタリー番組で知った。経済的に困窮した女性が朝まで居場所代わりに使ったり、そこで見つけた男性客に体を売ってお金を稼いだりしている実態は衝撃的だった。実際に生の声を聞きたくて足を運び始めた」

 多いときは週に1度のペースで店に通い、女性たちの身の上話に耳を傾けた。女性たちの多くが、両親の離婚や学校の中退を経験していることを知った。

「この状態を何とかしなければという思いは、仕事の姿勢にも影響した。高校無償化や大学の給付型奨学金などに積極的に取り組んだ。私は貧困問題が日本の一番の問題だと思っている」

 前川さんは辞任後、二つの夜間中学校の先生、子どもの貧困・中退対策として土曜日に学習支援を行う団体の先生として、三つのボランティア活動をしている。最近、子どもたちに因数分解をわかりやすく教えるため、『とってもやさしい数学』という学習参考書も買った。
  ・
  ・
 現在、前川さんがボランティアとして関わる地方の民間教育団体が取材に応じた。職員は、

「新幹線に乗って、毎週来てくれます。夜間中学で高齢者の方が新聞を読む手伝いをしたり、連休にもかかわらず憲法記念日には、資料を準備して憲法のお話をしてくれたりしまししたた」

 感謝の気持ちを伝えた際、前川さんはこう言ったという。

「本当に人の役に立つ活動だから、参加できて本当にうれしい」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

前川喜平文科事務次官のボランティア活動については
こちらにも・・・
 【キッズドア渡辺由美子オフィシャルブログ】
 『「あったものをなかったものにできない。」からもらった勇気』

vvvvv 以下一部引用 強調byありぎりす vvvvvvvvvvv
実は、前川氏は、文部科学省をお辞めになった後、私が運営するNPO法人キッズドアで、低所得の子どもたちのためにボランティアをしてくださっていた。素性を明かさずに、一般の学生や社会人と同じようにHPからボランティア説明会に申し込み、その後ボランティア活動にも参加してくださっていた。
  ・
  ・
担当スタッフに聞くと、説明会や研修でも非常に熱心な態度で、ボランティア活動でも生徒たちに一生懸命に教えてくださっているそうだ。

「登録しているボランティアの中で唯一、2017年度全ての学習会に参加すると○をつけてくださっていて、本当に頼りになるいい人です。」
  ・
  ・
今回の騒動で「ご迷惑をおかけするから、しばらく伺えなくなります」とわざわざご連絡くださるような誠実な方であることは間違いがない
  ・
  ・
小さなうちから、本音と建前を使い分け、空気を読むことに神経を尖らせなければならない社会を作っているのは、私たち大人だ。

「あったものをなかったものにできない。」

前川氏が、自分には何の得もなく逆に大きなリスクがあり、さらに自分の家族やお世話になった大臣や副大臣、文部科学省の後輩たちに迷惑をかけると分かった上で、それでもこの記者会見をしたのは、

「正義はある」

ということを、子どもたちに見せたかったのではないだろうか?

  ・
  ・
今、憲法改正による教育無償化がにわかに浮上している。私は教育無償化に賛成だ。いや、賛成だった。

しかし、大学の設置や補助金に信頼性が置けない現状では、憲法を改正してまで教育無償化を急ぐことに、大きな疑念が生じている。

結局、あまり市場ニーズのない、教育力のない大学等に、「子どものため」と言って税金がジャブジャブと投入され、子どもは質の良い教育を受けられない状況は変わらずに、一部の人だけが豊かになる

そんな構図が描かれているとしたら、恐ろしいことだ。
  ・
  ・
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
リンク先でぜひ全文をお読みください。

ええ話やぁぁぁ。(つД`)


いい話の後で、もう書きたくもないですが、
もう一頑張りして、安倍内閣の「人間性」に
ついて見ていきましょう。

今回の「出会い系バー」スキャンダルを報じたのは、
読売新聞でした。
 【読売新聞:2017年05月22日】
 『辞任の前川・前文科次官、出会い系バーに出入り』

単に「出入りしていた」だけで、買春の
事実確認もない飛ばし記事を読売は一面で報じました。(-_-メ
読売は、「関係者への取材でわかった」と書いてますが、
これは安倍官邸からのリークだったと言われています。
 【リテラ:2017年05月22日】
 『安倍官邸の謀略が怖すぎる! 前文科省事務次官の加計問題“実名証言”をツブすため読売に“出会い系バー通い”リーク』


 【リテラ:2017年05月24日】
 『官邸幹部が加計問題実名告発ツブシの謀略を認めた! 文科省前次官の風俗通い報じた読売記事を「マスコミと当人への警告」と』

vvvvv 以下一部引用 強調byありぎりす vvvvvvvvvvv
読売に情報を流したといわれている安倍首相側近の官邸幹部は、「官邸が流したのか」という記者の質問にこう言い放ったという。

「読売の記事にはふたつの警告の意味がある。ひとつは、こんな人物の言い分に乗っかったら恥をかくぞというマスコミへの警告、もうひとつは、これ以上、しゃべったらもっとひどい目にあうぞ、という当人への警告だ」

 ようするに、悪びれもせずに謀略を認め、マスコミに対してさらなる恫喝をかけたというのだ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
さらに、前述したAERAdot.の記事から
vvvvv 以下一部引用 強調byありぎりす vvvvvvvvvvv
 前川さんはこうした政府内の行政に加え、メディアに強い危機感を持つ。昨秋、警察庁出身の杉田和博官房副長官から、突然、こう言われた。

「君は新宿の女性のいる店に行っているらしいじゃないか。注意したまえ」

 なぜ、そんなことを知っているのか。だから今回の読売新聞の報道には再び驚いた。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

つまり、安倍官邸は警察を使って官僚の行動を
尾行するなど監視して、弱みを握っておいて、
政府に不都合な言動をした際にはその情報を
読売新聞などの御用マスコミにリークして
社会的に抹殺するってことだね。

なんて恐ろしい、恐怖政権でしょう。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


こんな凶暴な安倍政権に、「共謀罪」なんて
作らせたら、日本はとんでもない警察国家、監視社会に
なってしまいます。

さて、安倍官邸、安倍政権の「人間性」の
酷さについては、もう改めて論じるまでもなく、
ネットで拾った画像を見るだけでも十分でしょう。

画像


画像


画像


あと、こちらのツィートをご紹介。








こうして見てくると、安倍官邸と前川前文科次官と、
どちらの「人間性」が信頼できるのか?
どちらがハレンチで、どちらが嘘をついているのか?

鮮明になったのではないでしょうか?


おまけ:
 『総統閣下は前川前事務次官によるご意向文書の確証にお怒りのようです』


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハレンチなのはどっちだ?! ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる