ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS オウム事件についての感想

<<   作成日時 : 2018/07/07 05:04   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は私の記憶を元に当時を振り返って、
感想を述べてみようと思います。

なので、一部不正確な部分もあるかもですが、
ご容赦願います。 m(_ _)m

私がオウム真理教の存在を知ったのは、
坂本弁護士一家殺人事件が話題になる少し前、
静岡に出張した際に現地の営業さんからこんな話を聞いた。
 「富士の方に怖い宗教団体があるんですよ。
 だけど、機械購入の代金を即金で支払ってくれるんで
 お客さんとしてはありがたいんですよね」

この時はオウム真理教の名前は出ませんでした。

その後坂本弁護士一家失踪への関与が疑われ、
教団の異様さや、教団に取り込まれた若者の家族が
子供を取り戻そうと奮闘する様子などが報道されるようになります。

そんな中、オウム真理教「真理党」という政党を立ち上げ、
総選挙に打って出ましたが、全員落選。
この時は、
 『有権者にはまだ良識がある』
と思ったものでした。

その後松本サリン事件が起きます。

当時、警察とマスコミは無実の被害者(河野義行さん)を
犯人扱いしました。


ざっとネット検索してみましたが、
今回の死刑執行を大騒ぎして報じるマスコミ各社や警察から、
当時の誤報を反省する言葉は見つかりませんでした。

続いて、地下鉄サリン事件が起きて、ようやく
警察はオウム真理教への捜査を本格化。

教団幹部がテレビに出演して詭弁を弄して関与を否定。
一部の宗教学者オウム真理教を擁護するようなことを発言。

警察が山梨県上九一色村の教団施設を一斉捜索、
教祖の麻原彰晃(本名・松本智津夫)らを逮捕。



一連のオウム事件で私が抱いた感想は、
 @カルト宗教(洗脳)への嫌悪
 A日本人(高学歴者を含む)の精神の未熟さ
 B警察の無能
 Cマスコミの無責任
 D教授の肩書があってもバカはバカ

などでした。

あれから20年以上が経ちましたが、
我が国の状況は変わらない、どころか
悪化しているようにさえ思います。

いまもカルトは蔓延り政党を作っていますし、
警察の腐敗は止みませんし、
マスコミは無批判に政府発表を垂れ流すし、
「プルトニュウムは飲んでも安全」などと言う大学教授さえいる。
┐(´∩`。)┌

過去の事件を教訓として、反省して、
過ちを正していかなければ、
いつまでもバカのままですよ。
みなの衆?


ちなみに麻原彰晃は、
 「地裁の公判で、松本死刑囚は「弟子たちが起こした」などと無罪を主張した。しかし、次第に不規則発言や居眠りを繰り返すようになり、法廷で事件の動機などを詳しく語ることはなかった。」
 【時事ドットコム:2018/07/06】
 『オウム松本死刑囚の刑執行=教団事件で初、7人一斉−地下鉄サリンから23年』

だそうです。
誰かさんとソックリですね。 ┐(´ー`)┌
画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オウム事件についての感想 ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる