「平成」を振り返る

昨日のブログ
 『現実世界に「リセット釦」はありません』
では、まだ半年足らずしか経っていない2019年を振り返り
自民党の不祥事がいかに頻発しているのかを書きました。

今回は「平成」という時代を振り返って、
思いつくままに私見を書き綴ってみようと思います。

画像

    (写真は我が家の遅咲きの桜です)


「平成」について、一言で言うならば、
 失われた30年
なのだろうと思います。

失われた30年:
 失われた30年(うしなわれた30ねん)とは、ある国、あるいは地域における約30年間の経済低迷を指す語である。
byウィキペディア

1991年(平成3年) バブル崩壊
’80年代後半からの地価高騰、狂乱地価
不動産バブルがはじけ飛んでしまいました。
北海道拓殖銀行、山一証券が倒産。
銀行は貸し渋り、貸し剥がしに走り、景気はどん底。
企業は人件費圧縮のために「リストラ」と称して
従業員の首切りを実施しました。

その頃私が勤めていた会社では、
高賃金の熟練工に割増退職金を払って辞めさせ、
代わりに若い工員を増やしました。
その結果、どうなったか・・・。
納期遅れや不良品が増えてクレームの山です。
結局、一度クビにした熟練工を非正規社員として
再雇用するハメとなりました。

バカですねぇ。 ┐(´∩`。)┌

あれから30年経った現在も、
企業経営者たちの愚かさは変わりません。

依然として、目先の利益のために人件費を削ろうと
躍起になっています。

連中は労働者に支払う賃金は、無駄なコストとしか
考えていないのでしょうか?
労働者は同時に消費者であり、お客様だと
理解できないのでしょうか?
健全な経済というのは、お金の循環がスムーズだということです。
強欲に利益を貪って、莫大な内部留保を貯めこむことに汲々とする。
お金の循環を滞らせて、その結果、自分で自分の首を絞めている
企業経営者たちは本当に愚かです。

そうした愚かな経営者たちが政権に働きかけた結果が、例の
『働き方改革関連法』なわけです。

彼らには、どの国に行っても活躍できる高度プロフェッショナルを
定額働かせ放題にして、何が起きるのか予想出来ないのでしょうか?

高度プロフェッショナルが海外に逃げ出していった後の日本は
ますます衰退していくに違いありません。

「この道」を進んで行ってはダメなのです。

関連する過去ブログ:
 『健康と経済と』
 『「経団連」が邪悪すぎるヽ(`Д´メ)ノ』
 『「まだ道半ば」だとぉ?!(°ロ°;) 』



失われたのは経済ばかりではありません。
この30年で、私たちは良識や正気なども
失ってしまったように思います。


昭和の末期頃に反動的というよりも、
狂信的な歴史修正主義者たちが台頭してきます。
1996.12  藤岡信勝、西尾幹二らが「新しい歴史教科書をつくる会」
      (略称:つくる会)を結成。

1997.5  日本を守る会日本を守る国民会議が合併して『日本会議』が発足

当時私は『こんな与太話を信じる人は多くないだろう』と思っていたのですが、
年月が経って実際に戦争を体験した方々が次々と鬼籍に入られていって、
 「慰安婦問題は朝日の捏造」
 「南京大虐殺は中共のプロパガンダ」
などという大嘘が、あたかも常識のようになってしまいました。
まぁ、日本国内でしか通用しませんけどね。

平成に蔓延ったカルト集団はこれだけではありません。

1986.11 『幸福の科学』発足

『幸福の科学』『日本会議』同様で、慰安婦否定活動などをしています。
 『「幸福の科学」あわてる ┐(´∇`)┌』
っていうか、連中はつるんでる?

そして、これら歴史修正主義の宗教右翼と
安倍晋三首相は密接に関係しています。
 『ヤクザとウヨクとカルトとヘイトと安倍晋三』
 『何とも不気味な安倍カルト内閣』


そして「平成」のカルト事件と言えば、『オーム真理教』
1989.11.04 坂本堤弁護士一家殺害事件
1994.06.27 松本サリン事件
1995.03.20 地下鉄サリン事件

どうしてイカれたカルト宗教に引っかかってしまうかなぁ?
思い込みが強すぎるんでしょうかねぇ?

正気を取り戻しましょうね、みなの衆

関連する過去ブログ:
 『狂信的な歴史修正主義者 追記あり』
 『ググってみたら・・・』
 『狂信のルーツ その2』



そして、最後に、原発事故です。

昭和の末期に旧ソ連のチェルノブイリ原発が爆発しました。
1986.04.26 チェルノブイリ原子力発電所事故

しかし我が国は「他山の石」に学ぶということをせずに、
 「日本では起こり得ない事故」
と言って原発推進を続けました。
しかし・・・
1995.12.08 「もんじゅ」ナトリウム漏えい事故
1999.09.30 東海村JCO臨界事故
画像

2007.07.16 新潟中越地震により刈羽原発で火災発生

そして・・・
2011.03.11 福島第一原発事故
画像


あんな悲惨な原発事故を経験したというのに、
政府(安倍自公政権)電力会社電力労組経団連などは、
原発の継続、再稼働を言い張り続けています。

ところで、私は改元のバカ騒ぎに辟易として
テレビは観ないようにしていたんですが、
これって、本当なんでしょうかね?
 【リテラ:2019.04.30】
 『テレビ各局の“平成事件振り返り”から「福島原発事故」が消えた! 広告漬けと政権忖度で原発事故をなかったことに』


本当だとしたら、心底、呆れ果てますね。 (-_-メ

関連する過去ブログ:
 『原発村ゾンビの逆襲』


「他山の石」にも「歴史」にも「過去の失敗」にも学ばず、
「ナチスの手口」を学んで、イカれた「この道」を突き進む
安倍政権自民党が、改元したからって、口先だけで、
 「新時代の幕開け」だの
 「未来を切り拓く」だのとほざいたところで、
ギャグにもなりませんよ。 ヽ(`Д´)ノ

過去の失敗を認めて、反省して、謝罪して、過ちを正す。
方針を転換する、軌道修正する。

こういう当たり前のことが出来ない連中に、
 より良い未来を作るなんて
 出きっこないのです!! ヽ(`Д´)ノ


このままだと、失われた30年が、
失われた40年失われた50年
なってしまいますよ、みなの衆。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック