ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 尖閣事件と安保

<<   作成日時 : 2010/09/28 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

※最初に断っておきますが、私は尖閣諸島について、
歴史的にも国際法上も日本の領土だと考えています。

自民党政権では、尖閣諸島の領有問題については「棚上げ」する
(話題にしない)ことで日中間で合意していた。

しかし今回の事件・・・
漁船が海保の巡視艇に体当たりした?
あのボロ船で巡視艇に?
巡視艇が漁船を拿捕しようとしたが、
漁船は逃走、それを巡視艇が追跡、
接近したあげくの事故だったんでしょうよ。
(漁船が逃げ出したのなら、そのまま逃せば良かったのにねぇ。)

ほんで、当時国交相(海保は国交省の外局)だった前原が船長の逮捕を指示。
さらに、「東シナ海には領土問題は存在しない」と発言。

中国が怒って報復しまくり。
(「棚上げ」合意を無視して「領土問題は存在しない」なんて発言しては
 中国も引っ込みがつかないわなぁ)

日本政府はあわてて船長を釈放。
しかもその責任を那覇地方検察庁になすりつけた。
(国交相の指示で逮捕したものを独断で釈放、それも「日中関係を考慮」って・・
 検察が単独で外交上の決断をできるはずないじゃん。
 卑劣なり、菅直人、前原誠司、岡田克也、他 )

しかし中国は態度を軟化せず
(そりゃあ、中国が大事なのは領有権であって、船長の身柄じゃないんだから当然。
 船長を釈放すれば事態が好転する、という政府の思惑は的外れもいいとこ)

日本政府手詰まり、米国に泣きついたりして、オロオロ状態。

米国は、「ほぅら中国は怖いでしょ?だからみかじめ料(おもいやり予算)
増額してよね」とニンマリ。
しかし、有事の際に米軍は動かない(米国議会の承認が必要)。
「日本を守るのはあくまで日本の自衛隊、自衛隊が負けた後、米軍が
 動くかどうかは、米国の議会が米国の利害を判断して決めるよん」
(タチの悪いヤクザみたいだな、米国)

自民党(特に「ポンポン痛いのぉ」と職責を放り投げたバカボン)などは、
「もっと強気に出んかい、ナメられとったらあかんぞ」と無責任に囃したてる。
(野党になったら気楽でええのぉ)

>>>>> 追記:9.29:04.40 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
前原外相、中国政府の対応に関し「世界に説明することが大事だ」と
中国漁船衝突ビデオ公表の方針。
 『北海道新聞』
 『前原外相、中国行動を世界に説明 中国漁船衝突ビデオ公表』
 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/253252.html
しかし、ビデオではどちらに非があるかの判断は困難、という声もある。
単に中国の態度を硬化させるだけの結果になりかねない。
(偽メール事件の再現?)
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


今回の事件は政権の命取りになりかねないなぁ。
偽メール事件の再現かなぁ。
吹っ飛ぶのが菅政権ぐらいならいいけども・・・
ボロ漁船が獲る魚ごときと引きかえに我々は
いったい何を失うことになるんだろう?

なんにしても、戦争だけは絶対に避けなければいけない。

せっかくファイターズがシーズン最終戦で勝利したってぇのに
どんより気分の ありぎりす であった。

以下ネタ元

>>>>> 江川紹子さんのつぶやき >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
http://twitter.com/amneris84/status/25732008405
朝日が、尖閣諸島沖衝突事故からの閣僚などの動きを追う長い記事を載せている。それによれば、前原氏が「逮捕は俺が決めた」と言っているとのこと。それを岡田氏が受け入れ、その後、前原氏は外相となって国連の準備に関心が移り、その間に中国が態度を硬化、と。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

「Web Iwakami」
「孫崎享氏インタビュー 2010年9月26日」
http://iwakamiyasumi.com/archives/3556

>>>>> 孫崎 享さんのつぶやき >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25655834359
尖閣和解の基礎あり。斉懐遠外交部副部長の橋本駐中国大使に対する談話 (1990年10月)釣魚島は昔から中国の領土、日本がこの問題について見解を異にしていることを、われわれも知っている。このため、中日国交正常化交渉のとき、われわれ双方は問題を「後日に棚上げ」することに同意した。
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25656041024
尖閣(継続)中国政府は、双方が主権を棚上げして、共同で釣魚島海域の資源を開発し、同海域の漁業資源を開放するなどの問題についてできるだけ早く交渉するよう提案する。;これは現在も尖閣をめぐる基本になりうる
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25656680162
尖閣:過去英知、相手国の船の拿捕を避ける。、管轄は対自国船。違反は通報。日中漁業協定;第三条 1自国の機船に対して適切な指導及び監督,違反事件を処理。他の締約国に,当該国の機船がこの協定に違反した事実及び状況を通報することができる。違反事件の処理の結果を速やかに通報。
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25662733668
尖閣、今時対応で何が問題1:出発点は初閣議で尖閣「解決すべき領有権の問題そもそも存在しない」と総理署名。日中国交回復当時より両国問題認識し棚上げ。「領有権問題存在しない」ではない。混乱避けるため漁業協定で管轄を自国船とし、日本が直接中国船逮捕を避けた。しかし「領有権なし」なら
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25663004385
中国漁船の尖閣周辺は領海侵犯。こうして海上保安庁逮捕となる。第2の問題;逮捕時本来外務省は尖閣は中国も主権を主張していること、従って拿捕には中国反応は厳しいこと、過去中国船の処理は中国政府で,問題ある際には日本政府が通報することになっていたと説明すべし。その代わりに「問題なし」と
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25664117703
述べたことにある。対中脅威論の増大する中、日本では中国非難が世論で,日本政府は問題ないとしているが、問題は「棚上げ」の尖閣を一方的に『領有権に問題なし」としたこと、日中漁業協定等過去の合意に反して日本が公権力を発動したことにある。ではどうすべきか。私は早急に日本政府は次の
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25664448294
尖閣(継続)4:点を明確にすべし。1:尖閣は日本の領土。同時に中国に異なる意見の存在を認識。従って尖閣領土問題は従来どおり棚上げ2:その間日中双方は紛争除去に努力。漁船などの行動は当事国が処理。相手国漁船など問題ある際は通報。相手国は処理につき報告義務あり」中国一方的悪論は排す
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25671930704
尖閣:追加:1997年日中新漁業協定7条各国は自国の漁船にのみ取締権限を有する。相手国の違反を発見した時にはその漁船に注意を喚起すると共に相手国に通報することが出来る。 こうした協定を見ると日本の拿捕は条約違反とみられても仕方ない。 しかし感情的興奮下耳に入るのは困難
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25674384848
新漁業協定では尖閣周辺は対象外との指摘がありました。尖閣周辺は微妙で対象外の可能性が高いです。従って条約違反の表現は撤回させて下さい。但し問題があった際に管轄は自国船、問題が生じたときには相手に通報し処理をする大原則は日中で共有。
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25680094724
多くの問「漁船側に瑕疵あっても拿捕避けるべきか):目的は領海からの追放。事態不明なるも拿捕後、船、他の船員も域外に行った訳ですから拿捕が域外追放の唯一の手段と思えず。尖閣領域対象外としても管轄は自国船、問題が生じた時には相手に通報し処理の精神で先ずは日中で協議すべきと思います。
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25680948398
(私が米国の謀略家なら)第一幕:尖閣を管内閣に日本領と宣言させる(日本初閣議で答弁書作成):中国危機には米国不可欠の世論形成。第二幕:手打ち指示:中国反発拡大。日本で裁判などあれば軍事紛争に発展の可能性。その際には米軍参加しないのが明らかになる。それは回避の必要有り。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

>>>>> 神浦 元彰さんのつぶやき >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
http://twitter.com/kamiura_jp/status/25740050078
長島前防衛政務官ら民主党議員43名が27日、仙谷官房長官に「建白書」を提出。この中に、日米共同軍事演習を尖閣周辺で行うことを求めている。何という軍事オンチなのか。これは中国軍に同海域での軍事演習を誘うもの。今回の衝突事件は警察(海保)が扱う事案で軍事事案ではない。超基本的なミス。
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
尖閣事件と安保 ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる