ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ただのバカじゃないのだとしたら

<<   作成日時 : 2010/09/29 09:16   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の尖閣諸島をめぐる政府の対応(特に前原や岡田の行動)が、
彼らの愚かさに起因するのでないとしたら・・・

つまり、
 ・日中で尖閣諸島の問題は「棚上げ」することで同意していたこと
 ・日本が実効支配したままで、問題を「棚上げ」しておくことが
  日本にとって一番望ましい状態だということ
などを百も承知のうえで
 ・中国漁船を拿捕、船長逮捕、拘留延長
 ・さらに「尖閣に日本の領土問題はない。」と発言。
したのだとすると、その狙いは・・・

少なくとも日本の国益を考えてのことじゃぁないよね。

今回の事件で一番得をしたのは、在日米軍のプレゼンスの必要性を
アピールして「思いやり予算」の増額を求めているアメリカ軍。

なぁーんだぁ、
前原や岡田がただのバカじゃないのだとしたら、
彼らもアメリカのポチだった、というオチかぁ。
(前から分かってることだけどもね)

ほんで、昔のペット(自民党)がキャンキャン吠えるのは無視して
「よしよしよくやった」と頭をなでてくれるというわけだ。
  『AFP BB News』
  『中国人船長釈放問題、米国務次官補が菅首相を高く評価』
  http://www.afpbb.com/article/politics/2761899/6256625
  『毎日jp』
  『中国漁船・尖閣領海内接触:米国防次官補「日本、全面的に支持」 尖閣の領有権確認』
  http://mainichi.jp/select/world/news/20100929ddm002040070000c.html


さらにこちらをご紹介
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/25784844282
(長島議員は、「海外在住の友人が」英訳してくれたこの建白書を「海外のオピニオンリーダーたちにバラマ」くとの報に触れ)興味深いのは、長島議員、前原大臣等米国一辺倒の安全保障政策を主張している人と、尖閣強硬論を述べる人とが重なり合っていることです。そのことは米国要因で考察の可能性大
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

『まったく胸糞が悪くなるなぁ』
心底、ウンザリしてしまう ありぎりす であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ただのバカじゃないのだとしたら ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる