ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS TPPに関するつぶやき

<<   作成日時 : 2011/02/03 10:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に関連する
ツイートなどをご紹介。


慶應義塾大学経済学部教授 金子勝さんの
TPPに関するツイートをご紹介 強調 by ありぎりす
http://twitter.com/masaru_kaneko/status/32805445454270464
外務省のHPで日経新聞と米国CSIS共催のシンポで行った前原外相の演説を見て下さい。米国追随の中身は本当にすごいです。http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/22/emhr_1019.html 甲斐良治氏から教えてもらいました。
http://twitter.com/masaru_kaneko/status/32871529180037120
前原外相演説は間違いが多い?日本の平均関税率3%、農産物も12%を切っているのが鎖国なの?(韓国は現時点で約60%)。米韓FTAでは韓国のコメが例外扱いなのを飛ばし、日本のコメだけが高関税で保護されているかのような主張。米豪FTAでも乳製品が例外です。食料安保の認識がないみたい。
http://twitter.com/masaru_kaneko/status/32874807288664066
農業さえ犠牲になれば工業製品輸出が伸びるかのようなはいかかがなものか。郵政、医療保険、公共事業入札、自動車の安全基準緩和、電気通信事業などへ米国企業を参加させることが、なぜ国益になり日本経済の復活になるのか、道筋をしゃべれないので隠す。農業を抵抗勢力にする構図も小泉そっくり。

http://twitter.com/masaru_kaneko/status/24509091812483072
田中直毅氏の説明がある意味で正確です。FTAは例外はあるが、TPPはそれがない。貿易だけでなく「電気通信、情報、金融、知的所有権、製品の標準化」も含めて「TPPを通じて規制改革やグローバル基準(スタンダード)に合わせ「米国との間の完全経済統合という性格を帯びる」ということです。
http://twitter.com/masaru_kaneko/status/24511413770788864
同じく中央公論の北岡伸一氏の論考も、民主党政権の課題として@社会保障財源として消費税引き上げ、ATPP推進、B米国と一体化した防衛力強化をあげています。菅政権は小泉路線を支えてきた人々の主張(大手新聞も同じ)に忠実ということです。日本は衰退する米国の州になるつもりなんでしょうか?
http://twitter.com/masaru_kaneko/status/24528082715021312
TPPに関して官僚もメディアも当然出てくる問題を隠す。議論も反対もできないようにして、国同士の約束だから「もう抜けられません」で後の祭りにしたいのかな…。昨年6月に民主党のマニフェストを裏切るなと「日本再生の国家戦略を急げ」(小学館)で書きましたが、予想通りになってきて残念です。
------------------------------------------------------



元防衛大教授 孫崎 享さんの
TPPに関するツイートをご紹介 強調 by ありぎりす
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/32566190811389952
環太平洋戦略的経済連携協定1:菅首相第3の開国発言。本人理解してだろうが極めて意味深。第1回目の開国後日本何したか。不平等条約。今まさに行おうとしているのは経済・社会体制の不平等条約の受け入れでないか。自由貿易圏は全ての国が同じ条件で開放。今米国が行おうとしているのは米国が
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/32567083527053312
TPP:米国基準を満たしていれば、日本に自動的に入れると言うこと。農産品等の貿易関税例外品目を認めない形の関税撤廃で経済効果論が先行しているが、「経済制度、即ち、サービス、人の移動、基準認証などに於ける整合性」がより重要。つまり米国基準を受け入れろということ。弁護士例
http://twitter.com/magosaki_ukeru/status/32568488631472128
TPP:米国弁護士資格で日本へ参入。しかし日本の弁護士は米国基準を満たしている訳でないから米国参入なし。これが医療など各方面で実施予定。TPPのかけ声高らか内容報じられていない。「同盟深化」で安全保障米国戦略と一体化と同じ仕組み。今開国=不平等条約受け入れでないか真剣に検討する時
------------------------------------------------------


ルース米大使のつぶやきについて、
ジャーニャリストの江川紹子さんのリツイートをご紹介。
強調 by ありぎりす
http://twitter.com/amneris84/status/32713182099283968
なぜ、菅首相の講演を米大使がわざわざつぶやいてくれるのかにゃ RT @AmbassadorRoos 菅首相がダボス会議で「開国と絆」について講演しました。 http://ow.ly/3NOzM
------------------------------------------------------


つまりTPPの言う「自由」というのは、
米国に有利で日本に不利な、不平等、不公正な
「自由」なんですね。
これほどあからさまなペテンも珍しいけれど、
大手の新聞・TVがそろって手放しで
TPP参加を支持、宣伝しているから、
大半の日本国民は騙されちゃうんだろうなぁ。(溜息)
さらに、その影響は医療分野にも・・・


「薔薇、または陽だまりの猫」
「TPP参加で医療は… /日経メディカルブログ:色平哲郎の「医のふるさと」」
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/977d0fad3d2bbc6927b42c29b15230a3
 TPPに加われば、医療分野では、小泉政権下の悪夢が再来し、
 市場原理主義の嵐が吹き荒れるのではないか、と懸念される。

 具体的には「株式会社方式による医療機関経営」「保険者と医療機関との直接契約」
 「混合診療全面解禁」などを強く求められることだろう。
 行き過ぎた市場化は、総合的な医療サービスを低下させ、
 公的医療保険の給付範囲が狭められて、医療格差をますます広げる。
 患者の負担は増大し、負担に耐えられない人は切り捨てられる。
 医師や看護師の国際移動で「頭脳流出」が深刻化し、
 医療従事者の不足と偏在がさらに顕著になる。
 地方の医療は荒廃し、日本が世界に誇る国民皆保険制度が瓦解する……。
 そんな最悪のシナリオが思い浮かぶ。
------------------------------------------------------


最後にmixiに私が書いた内容をコピペ
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
TPP参加の問題は、
菅首相の言う「平成の開国」とか
前原外相の言う
 「日本の国内総生産(GDP)における第1次産業の割合は1.5%だ。
  1.5%を守るために98.5%のかなりの部分が犠牲になって
  いるのではないか」
とか、第1次産業だけの単純な問題じゃなくって、
労働市場、金融、医療、などに重大な影響を及ぼす問題ですよね。

それなのに、そういった内容をきちんと説明もせずに
単純なもの言いで国民を欺こうとする政治家や、
手放しに賛成を表明する大手新聞・TVなどには、
本当に腹が立ちます。

 「幕末の開国で、反対者を粛正して(安政の大獄)
  米国と不平等な「日米修好通商条約」を締結した
  井伊直弼はその後どうなりましたっけね?
  そして、その不平等条約の解消まで40年以上も
  日本人は苦しめられたんですがね。」

「平成の開国」とか「自由貿易」などと称して
小沢派議員を粛正して関税自主権を放棄するような
日本に不利益な条約締結を推し進める、
菅首相、前原外相、岡田幹事長らに聞いてみたいもんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

日本の富を米国に流し込むための不平等条約の締結を推進する、
政治家、マスコミ、御用学者など・・・・
これらの行為を「売国」と呼ばなければ、
いったい何を「売国」と呼べばいいのかな?

そんなことを思う ありぎりす であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TPPに関するつぶやき ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる