ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アリエッティにデスモアを・・・

<<   作成日時 : 2011/12/17 16:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

しばらく前から自宅の壁の中から、カサコソと音がする。
『もしかして、アリエッティが・・?』なんてわけはない。
我が家にアリエッティのような美少女(いや美小女か・・)が
訪れるわけがない。 (T^T)
おそらく、ミッキーとかミニーとかジェリーとかアルジャーノンのお仲間だろう。 (-"-)

何か変だなと思ったら、冬季、小鳥のエサにと、
地下に買い置いたひまわりの種が食い荒らされている・・・。 orz

そうりゃぁね、断熱材たっぷりの壁の中、
そのうえ食料も豊富ときちゃぁね、繁殖もしちゃうよね。

そういうわけで、数日前に、殺鼠剤:商品名「デスモア」を買ってきて、設置した。

この「デスモア」の箱に書いてある売り文句・・・・・
 ・ネズミが数日間食べ続けたあと効果を発揮する有効成分を
  配合しています。
  食べたネズミがすぐに死ぬことはありませんので、他のネズミに
  全く警戒心を起こさせず、たくさんのネズミを駆除できます。

・・・・・・・・

つまりなにかい?
「直ちに健康に影響はない」からよりたくさん殺すことができる、
ってことかい? ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

・・・・・・・・

これはいったい何の冗談なんだ?

食料自給率200%の北海道。
でも、冬季間、スーパーには千葉、埼玉、茨城など、
北関東産の野菜が並ぶ、しかもそれらが今年は妙に安い。
(きっと生産者は買い叩かれて大変なんだろうなぁ)
だけども、何だかうす気味悪くって買う気がしない・・・

なんだか、この状況は、シャレにならないというか、なんというか、・・・・

もっとも、私自身はこれ以上長生きしたってしょうがない。
しかし、今後、日本全国でどれほどの人たちが被害をうけることになるのか・・・
そのうち、どの程度のひとたちが原発事故との因果関係を認められて、
補償をうけることができるのか・・・・
願わくば、補償以前に、前途のある子供や若者たちが、そうした被害を
免れるとよいのだが・・・・

そんなことを考える・・・・・。

しかしまぁ、アルジャーノン(アリエッティ?)とさえ共存できないほどに
狭量な私の死後、はたして誰が私の墓に花束を手向けてくれるだろうかなぁ?
(まぁ、死後だったら、「デスモア」でも毒団子でもいいんだけどね・・・・)

そんなことを思う ありぎりす なのであった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アリエッティにデスモアを・・・ ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる