ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 健康と経済と

<<   作成日時 : 2012/02/11 16:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

どうも巷ではインフルエンザが猛威をふるっているようです。
皆様、ご用心ください。

さて、今回のお題は「健康と経済と」ということで、
ウダウダと文章を書き綴ってみようと思います。

私が、30代なかば頃に風邪をひいたときのことです。
 ”風邪をひいたら、栄養をとって、暖かくして安静に”
ということで、せっせと精のつくものを食べていたのですが、
二週間以上経っても体調が芳しくない。 (´∩`。)
『これは何かおかしい』と思って、ためしに粗食にしてみたら・・・、
あっさり体調が回復してしまいました。 (^-^;

『そうか、栄養過多だったのだ、
 中年ともなれば子供の頃とは違うし、
 貧しかった頃の日本の常識は、
 豊かになった現在では通用しないのだなぁ』
そんなことを思い知った ありぎりす でありました。

さて、俗に「血の巡りが悪い」と言うと、
機転のきかない、頭の回転が鈍い人、という意味ですが。
実際に「血の巡りが悪い」つまり、血液の循環が悪いと
健康にとっては大問題です。
栄養のとりすぎでメタボになったら、この「血液循環」にも
いろいろと支障がでてくるのです。

 ・高脂血症
 ・高血糖
 ・動脈硬化
 ・動脈瘤
 ・高血圧
 etc.

このまま放っておいたら、大変なことになりますよ。 (^-^


とまぁ、ここまでが健康の話。
ここから先は経済の話です。

よく経済では、お金の流れを血液の流れに例えたりします。
私もこの例にならってみようと思います。

現在の日本の経済の問題、不景気というのは、
二つの原因があるのだろうと私は考えています。

その1:日本の市場は成熟してしまったということ
 日本では概ね必要な物はすでに行き渡っている。
 道路も鉄道も住宅も家電品もパソコンも携帯電話も・・・
 日本の市場そのものが飽和してしまっていて、
 新規需要が望めない、買い替え需要しかない状態になっている。
 つまり、日本の市場は子供じゃなくて、中年のオッサンということ。
 (オバサンかもしれないけどね ) (^-^;
 それなのに、「さらなる発展」「さらなる成長」などと
 景気刺激のために税金をつぎ込んでも、贅肉と借金が増えるばかり。
 日本の財政赤字は900兆円超えたんだっけ?
 この借金、誰が返すんだろうねぇ?

その2:血(お金)の巡りが悪いということ
 先の自民党政権も現在の民主党政権も、「トリクルダウン」つまり
 富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が浸透(トリクルダウン)する
 という経済理論で経済政策をやってきた。
 つまり「金持ちを儲けさせれば貧乏人もおこぼれに与れる」ということ。
 それで露骨に大企業、金持ちを優遇し、貧乏人を痛めつけてきた。
 具体的には、法人税、所得税、キャピタルゲインなどを減税し、
 福祉予算などを削減する一方で、消費税を導入、増税してきた。
 貧乏人は財布の紐を締めて、消費マインドは冷え込んだ。
 一方、莫大な利益を揚げている大企業は、市場が飽和してしまっている
 日本では設備投資や賃金などで利益を市場に還元せず、内部留保として
 お金を抱え込んでいる。
 つまり、大企業がお金の流れを滞らせ、巨大な動脈瘤となっている。
 大企業は莫大な内部留保を使ってマネーゲーム(博打)をする。
 そのマネーゲームが破綻した結果がサブプライムローン問題など
 ではなかったか?
 そして利益を最優先に考えると、設備の更新やメンテナンスが疎かになる。
 重要な仕事まで下請け、孫請け、非正規労働に任せて労働の品質が低下する。
 そして、挙句の果てに、大事故(動脈瘤破裂)を起こす。
 

このように考えてくれば、日本経済の処方箋というのも自ずと
明らかになるように思うのだが・・・いかがだろうか?

しかるに現在の政府、経団連、大新聞らは、さらなる消費税の
増税を行おうとしている。
彼らは言う、
 「社会保障制度の維持には消費税の増税が必要だ」
 「国際競争力を高めるためには法人税減税が必要だ」
etc.

これではまるで、血流が滞り、動脈瘤が破裂した、瀕死の病人に向かって、
 「困っている人(実はお金持ち)のために献血にご協力ください」
と言うようなものだ。 (-_-メ

こんな愚劣な政策を許してはいけない!!

まぁ、私ごときがブログで吠えてみたところで、大勢に影響はないかもしれないが・・・
それでも一人でも多くの人に、こうした「からくり」に気づいてほしいと思う
ありぎりす であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
健康と経済と ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる