ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日本人の民主主義観が問われている」

<<   作成日時 : 2012/09/14 09:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

本日は東京新聞のこちらの記事をご紹介。
  『「日本維新の会」結成宣言 弱肉強食路線が鮮明』
  http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012091302000140.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=API
vvvvv 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 橋下徹大阪市長は十二日、自らが代表となる国政進出のための新党「日本維新の会」の結党を正式に宣言した。橋下氏は「自立」「競争」「自己責任」を新党の理念として強調している。格差拡大や医療・介護現場の崩壊などが社会問題化したかつての小泉構造改革をほうふつさせる。 (金杉貴雄)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

私も、「維新八策」ザッと読んだが、これまでの自民、民主らの
新自由主義政策をより粗雑で過激にした内容。
「維新」どころか崖っぷちに向かってアクセル全開。

続いてこちらをご紹介。
  「橋下ノンポリ説 第2弾」
  http://documentary-campaign.blogspot.jp/2012/09/blog-post.html
vvvvv 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
僕が言うノンポリとは、政治思想を持たない人ではなく、自らの政治性に無自覚である人を差します。なぜ無自覚では困るかというと、政治的存在でない人間はこの世に一人もいないにも関わらず、自分は政治的存在でないと誤解し、無意識に自らの政治的立場を他人に押し付けるからです。

例えば原発が日本に乱立したのは、国民の大部分がノンポリだったからですよ。ノンポリを自認する人々は「原発?よく分かんないけど、電気必要なんじゃないの〜」と言って原発が立つことを黙認してきたわけですが、それは立派に政治的行為なわけです。でも本人はそれが政治的だとは一切思っていない。

橋下を支持している人の大部分は、僕の言うノンポリでしょう。「橋下?よく分からんが政治を変えてくれそう」といった言説を、彼らは政治的だと自覚しません。たぶん自分は政治的に中立だと思ってる。でもそんなわけないでしょう。立派に橋下側に加担してますよ。それに無自覚なのがノンポリなんです。
   ・
   ・
橋下が新自由主義的なのは世の中の主流の価値観が新自由主義でそれを無自覚に吸収して育ったからだし、慰安婦問題などで歴史修正主義的発言をしているのも、世の中の空気が歴史修正主義的だからですよ。彼は究極のノンポリなんです。つまり政治的立ち位置は何だっていい。世の中のマジョリティでさえあれば。

ここで大事なのは、民主主義=多数決と言い切ってしまう民主主義観だと、橋下でいいじゃんという結論になることです。橋下は常にマジョリティにつくわけですから。でもそれじゃ困るんですよ、少なくとも僕は。常に少数派だから笑。最後は多数決で決めるにしても、少数派も尊重してもらわないと。

そういう意味では、橋下問題では日本人の民主主義観が問われているんですよね。実際、橋下って多数決で決まったことに従いたくない人(=少数派)は出て行けっていう人でしょ。今は「従わないヤツは公務員を辞めろ」って言ってますけど、国政を担うようになったら「国から出て行け」になりかねない。

「出て行け」ならまだマシで、下手すると「従わない奴は死ね」になりかねないのが橋下の危うさだと、僕は本気で思っています。「そんなバカな」という人、歴史を見て下さい。実例に事欠きません。もちろん僕の危惧は間違っているかもしれない。でも、当たってたら大変です。だから警告しているのです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

>橋下は常にマジョリティにつく
>橋下問題では日本人の民主主義観が問われている

私も、まったく同感です。

常に多数派につき、少数派を攻撃することで、多数派の支持を得る・・・
これは、現在問題になっているイジメ問題と同様の構造です。

子供たちのイジメ問題、事件に憤慨する人は、
橋下のようなイジメッ子を支持してはいけません。

「維新八策」の第一条は、
 統治機構の作り直し〜決定でき、責任を負う統治の仕組みへ〜
です。

統治:
 統べおさめること。
 主権者が国土および人民を支配すること。(by 広辞苑)

私は、
 「選挙はある種の白紙委任」などとほざく、
 無節操で定見のない嘘つきのイジメッ子に
「統治」なんてされたくない。

「従わない奴は死ね」なんて社会はまっぴらごめんだ。

強くそう思う ありぎりす であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日本人の民主主義観が問われている」 ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる