ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ナショナリズムをあおる政治家

<<   作成日時 : 2012/09/22 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■尖閣、国際司法裁で争わず=外相
(時事通信社 - 09月21日 15:05)
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%c0%ed%b3%d5%a1%a2%b9%f1%ba%dd%bb%ca%cb%a1%ba%db%a4%c7%c1%e8%a4%ef%a4%ba&k=201209/2012092100449

竹島問題では、国際司法裁判所へ提訴するという日本政府。
(韓国側は提訴に応じないとしている)

それなのに、尖閣問題では「国際司法裁で争わず」と言う。

いったいぜんたい、どうしてでしょうか?
これって、ダブスタ、ご都合主義、二枚舌じゃぁないの?

まぁ、それもそのはず。

現状実効支配してる側が、わざわざリスクを犯す必要はない。

だからこそ、この「実効支配」という有利な状況を危うくした火付け役、
石原都知事の言動は罪深い。 

韓国大統領、石原都知事、ついでに橋下大阪市長などなど・・・
ナショナリズムを利用して、民衆を煽動して、国益を損なって、
海外在住の自国民の安全を脅かして、経済的損失をもたらして、
利己的な政治的影響力を拡大しようとする煽動政治家たち。

そういう連中に騙されてはいけない。
そういう連中を支持してはいけない。
そういう連中をのさばらせてはいけない。

繰り返しそんな警告を発してみる ありぎりす であった。

おまけ:
 東京新聞のコラム【筆洗い】をご紹介
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2012091602000119.html
vvvvv 以下引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
2012年9月16日
 二十世紀の初めごろ、デンマークの陸軍大将が、こんな法律があれば、戦争をなくせると考えて起草した法案がある。題して「戦争絶滅受合(うけあい)法案」▼戦争の開始から十時間以内に、敵の砲火が飛ぶ最前線に一兵卒を送り込む。順序はまず国家元首、次にその親族の男性、三番目は総理、国務大臣、各省の次官、そして国会議員(戦争に反対した議員を除く)、戦争に反対しなかった宗教界の指導者…▼妻や娘は従軍看護師として招集し、最前線の野戦病院で働く。権力を持つ者から犠牲になるなら、自らは安全地帯にいてナショナリズムをあおる政治家は姿を消すだろう▼思想家の内田樹(たつる)さんは戦争を車の運転に例える。政府は「行き先」を決め、将軍たちは「運転」をする。「国民」の任務は「憎悪と敵意」をエネルギー源として、「戦争機械」に供給することだという(『ためらいの倫理学』)▼その「憎悪と敵意」が高い水位まで満ちてきた感がある。尖閣諸島の日本国有化に抗議する反日デモが、過去最大規模で中国全土に広がった。一部は暴徒化し日系企業を破壊。上海では、日本人が相次いで暴行を受けた。中国にいる日本人は不安でたまらないだろう▼「戦争も辞さない」と書いた横断幕が掲げられていたのが目を引いた。小さな無人島の領有をめぐって、戦争を始めるほど、両国の政府も国民も愚かではない。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

>自らは安全地帯にいてナショナリズムをあおる政治家

先日石原都知事は
 「追っ払えばいいんだよ。体当たりしたらいいんだ」
と言った。

橋下大阪市長は、
 「警察常駐させるべきだった」
と発言した。

 あ ん た が や れ よ !! 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナショナリズムをあおる政治家 ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる