ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦争の作り方

<<   作成日時 : 2013/04/28 09:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

インターネット愛好家などを集めたイベント「ニコニコ超会議2」の自衛隊ブースで、迷彩服を着て10式戦車に乗った安倍晋三首相=千葉市美浜区の幕張メッセで2013年4月27日、鈴木泰広撮影
http://www.twitlonger.com/show/n_1rjvgp8


おそらく、ネット愛好家やミリオタには受けるだろう、と
考えての行動なんでしょうが・・・
これが現在の我が国の首相の行動かと思うと、
正直言って、呆れ果てます。 (°ロ°;)


本日は、北海道新聞のオピニオン記事、
【卓上四季】をご紹介。

『戦争のつくりかた』
vvvvv 以下 転載 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
こうすれば、あなたも、こんなモノを手にすることができます―。「○○のつくりかた」という題の「ハウツーもの」は世間にあふれているが、「○○」に「戦争」の文字が入る本はそうない▼それは「戦争のつくりかた」(マガジンハウス)。有事法制が大きな議論になった2004年に市民グループ「りぼん・ぷろじぇくと」が執筆した▼<わたしたちの国は、60年ちかくまえに「戦争しない」と決めました。だからあなたは戦争のためになにかをしたことがありません>。子どもにも分かる言葉で語りかける。でも国の仕組みやきまりを少しずつ変えれば<戦争できる国>になれる、と▼その過程で何が起きるか。武器を持った自衛隊が他国にでかける。住民参加の練習(有事訓練)をする。学校で、いい国民とは何かを教え、増税し、軍事費を増やし、「戦争に参加できる」と「憲法」を書きかえる▼安倍内閣は、自衛隊による在外邦人の陸上輸送を可能にする自衛隊法改正案を閣議決定した。武器使用基準の緩和は見送られたが、首相は「宿題は残っている」(16日衆院予算委)と基準の見直しに意欲をにじませている▼<しない国>から<できる国>へ。本が警告した9年前に比べ、“調理”は手際よく進み、“料理”は完成が近いようにもみえる。鍋の火を止め、包丁をしまいたい。再び羹(あつもの)でやけどをしないために。2013・4・24
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

私も以前のブログ『農業と戦争について 』で、
どうして人類は戦争を繰り返すのか、書きました。

ですが、過去に、もっと簡潔に鋭く『戦争のつくりかた』を
説明した人物がいました。

その人の名は、ヘルマン・ゲーリング。
ゲーリングは、ナチスドイツの軍人、政治家で、
悪名高いゲシュタポを組織し、ヒットラーの後継者に
指名された人物です。
そのゲーリングがニュルンベルク裁判で語った言葉がこれです。
「……もちろん、国民は戦争を望みませんよ。
 運がよくてもせいぜい無傷で帰って来る位しかない戦争に、
 貧しい農民が命を賭けようなんて思うはずがありません。
 一般国民は戦争を望みません。
 ソ連でも、イギリスでも、アメリカでも、そしてその点ではドイツでも同じ事です。
 政策を決めるのはその国の指導者です。
 そして国民は常に指導者の言いなりになるように仕向けられます。
 ……反対の声があろうがなかろうが、
 人々を政治指導者の望むようにするのは簡単です。
 国民にむかって、われわれは
 攻撃されかかっているのだと煽り、
 平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると
 非難すればよいのです。
 そして国を更なる危険に曝す。
 このやり方はどんな国でも有効ですよ。



実に明解です。

次にご紹介するのは、石破茂・自民党幹事長の記事。
 【朝日新聞】
 『「日本の平和は、独裁者信じては守れない」自民・石破氏』
vvvvv 以下 転載 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
■石破茂・自民党幹事長

 憲法の一番最初に何と書いてあるか。「日本国民は、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの(安全と)生存を保持しようと決意した」と。本当か? 世界の人はみんな平和を愛する人たちなのか? 「日本にミサイルを撃ち込もう」「核実験をやろう」「米国に核ミサイルを撃ち込むぞ」と脅かしている独裁者が平和を愛する人とは思っていない。

 人を信じることは良いことかもしれないが、日本国の独立と平和、国民の生命と財産は、そういうものを信じて守ることはできない。(山口県防府市での街頭演説で)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

たしかに、北朝鮮に対して、警戒を怠ってはいけませんし、
核やミサイルの開発を放棄するように、粘り強く交渉を続ける必要があります。

しかし、北朝鮮に戦争を遂行する国力などありません。
戦争には、食料や燃料、資金など膨大な物資が必要となります。
油断してよい、とは言いませんが、
彼らに戦争なんてできませんよ。

ここで、もう一度ゲーリングの言葉を思い出して下さい。

>人々を政治指導者の望むようにするのは簡単です。
>国民にむかって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り
>平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです。
>そして国を更なる危険に曝す。

石破幹事長は、ゲーリングの弟子か何かなんでしょうかね?

その石破幹事長、13日にはこんなことも言っています。
 【47News(共同通信)】
 『石破氏、96条改正は9条視野 テレビ番組で認識表明』

つまり、きたる参議院選挙で自民党が公約に掲げる
憲法96条の改変は、戦争の放棄を謳った9条の改変が目的だと
明言したのです。
(96条は憲法改正には議員の2/3以上を必要としている、
 それを自民党は1/2以上に改変しようとしている)

さらに、『維新の会』共同代表の橋下大阪市長は、
自民党同様、96条の改変を、繰り返し訴えています。

まったく、『維新の会』は自民党の別働隊ですね。

以前、大阪府知事選に「二万パーセント出馬しない」と
言いながら、選挙に出馬した二万%の嘘つきの橋下氏は、
さながら、かつて「ウソも100万回、繰り返せば、真実に見えてくる」
と言ったナチス・ドイツの宣伝隊長ゲッペルスの弟子のようです。


悲惨な戦争を未然に防ぐためには、
貧乏な隣国よりも、意図的に対立を先鋭化し、
国民を脅し、煽動する、自国の政治家のほうを、
警戒したほうが良いと、私は思うのです。


そして、彼らのイカれた言動を無批判に放置しておくと、
というか、次の選挙でも、そういうイカれた連中を当選させてしまうと、
世界中に、日本という国が時代遅れの軍国主義の
イカれた国という認識が広まってしまうのではないかしら?

そんなことを危惧する ありぎりす でありました。


追記:
 みんなぁ、自信持っていいぞう。
 漢字なんか書けなくっても日本の総理大臣くらいにはなれるぞう。
 (自分で書いててなんだが、情けなくって涙出そう)

 安倍首相がニコニコ超会議で直筆のサインを残した・・・。
画像


参考:
 【北海道新聞:4月24日】
 『首相、閣僚の靖国参拝容認 「脅かしに屈せず」中韓に反論』

 【朝日新聞:4月25日】
 『「日本の発言は好戦的」 尖閣巡り、元米大統領補佐官』

 【NHK:4月25日】
 『日本 NPTの核不使用声明に署名せず』

 【47News:4月26日】
 『米政権、安倍首相発言に懸念 中韓にらみ自制促す』

 【NHK:4月27日】
 『米紙 首相の歴史認識巡る発言を批判』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦争の作り方 ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる