ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ネットの沙汰も金しだい?

<<   作成日時 : 2013/07/05 13:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は、まず、こちらの記事をご紹介。
 【AFP=時事 7月4日(木)12時8分配信】
 『米国務省、フェイスブックの「いいね! 」獲得に63万ドル投入』
vvvvv 以下一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
米国務省が交流サイト(SNS)最大手フェイスブック(Facebook)の同省公式ページの「いいね! 」ボタンのクリック数を増やそうと、2年間で63万ドル(約6300万円)を投じていたことが判明した。歳出削減を求められているさなかとあって、同省には3日、批判が殺到した。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これは米国の話。

さて、翻って我が国、日本では、
今回、ネット選挙が解禁となって、
安倍自民党などは、ネットを使った政治宣伝に
たいへん力を入れているみたいですね。
 【四国新聞:2013.06.20】
 『ネット監視チーム設置/中傷対策で自民党』
vvvv 以下一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 自民党は19日午後、インターネットを使った選挙運動が解禁される参院選に向け、ネット上の誹謗(ひぼう)中傷を監視する「トゥルースチーム」を党本部に設置した。平井卓也ネットメディア局長のほかIT企業関係者、弁護士らで構成した。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そして、ガイアックスというネット監視会社に、
ネットでの投稿モニタリングを発注したのだそうです。
 『ガイアックス、自民党参議院候補者へFacebook
  Twitter投稿モニタリング提供』


この手の「ネット監視会社」、一応表向きは、
24時間体制で誹謗中傷・デマ対策などに対応する、
ということになっているのですが・・・
以前から、あまり、よい話は聞きません。
というか、依頼者を擁護するために、逆に
誹謗中傷・デマなどの荒し行為をやっているという噂です。
 【Jcast ニュース:2006.08.10】
 『ネット「世論操作」 請け負う会社の正体』

そして、その雇い主の自民党の平井卓也ネットメディア局長なんですが・・・・
 【東京新聞:2013.06.29】
 『自民・平井氏ネット党首討論に投稿 福島氏に「黙れ、ばばあ」』
vvvvv 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 中継会場で討論を聞いていた平井氏は、社民党の福島瑞穂党首が冒頭発言した際に「黙れ、ばばあ!」、日本維新の会の橋下徹共同代表の欠席が伝えられた際には「橋下、逃亡か?」などとスマートフォンで書き込んだ。一方、安倍晋三首相の発言に対しては「あべぴょん、がんばれ」など肯定的なメッセージを送っていた。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「誹謗・中傷を監視する」と言う人が、実際には
誹謗・中傷を発信している、という実例を示してくれた。
平井卓也ネットメディア局長の、この見事な自爆芸に
「グッジョブです」と、ミサ・・・いや、ありぎりすは
惜しみない称讃を贈ります。 d(^-^)


さて、この手のネット監視会社・・けっこう儲かっているらしいのですが、
時給はずいぶん低いらしい、その上24時間営業ですもんね、
ブラック企業が蔓延る現代日本社会の典型といったところでしょうか。


だけどもねぇ・・・・
私自身、ここ数年ブログで政治に関することを
書いてきたけれど、残念ながらネット民の政治への
関心は、さほど高くはないようです。
 【TVでた蔵】
 『NHKニュース おはよう日本:2013年7月3日放送』
vvvvv 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
大学生の西田奨さんは、ネット選挙の解禁で若者と政治の距離が縮まるのではないかと期待している。フェイスブックのページでネット選挙の仕組みを解説し、学生に政治への意見を求めた。西田さんは、学生はこう思っているという小さな声を大人や政治家に伝えていく立場を担いたいと考えている。しかし、意見は数件寄せられただけだった。西田さんは都内の複数の大学で、学生の意識調査を行ったが(八王子で調査する様子が流れた)、結果は西田さんにとって意外なものだった。参議院選挙からネット選挙が解禁されることを知らないと答えた人は42%にのぼった。さらに、55%がネットで選挙の情報収集をする意欲がないと答えたのだ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

最初に紹介した、AFPの記事でも以下のように書いている。
vvvvv 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 米国際情報計画局(Bureau of International Information Programs)が管理するフェイスブックの4つのページは、今年3月半ばまでに各250万人のファンを獲得した。だが、このうち投稿記事に「いいね! 」を押したり、掲載された情報を他のユーザーと共有した人は、わずか2%にとどまった。

 報告書は、ほとんどの投稿に対するコメントや共有は100件に満たず、最も多い場合でも数百件に過ぎなかったと指摘している。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

おそらく、ネット利用者の多くは、仲間内の連絡に利用している
ケースが多くて、政治とか堅苦しい話題には興味がないのでしょう。
(政治は私たちの暮らしに直接影響を及ぼすものだから、
 有権者が、「興味ない」ではいけないと思うけども・・・
 ネットの情報は、デマも多いから信頼されてない、
 だから、利用もされてない、という側面もあるのかなぁ?)


「ネット選挙」などと大騒ぎして大金使っても、あまり効果はでない、
ということでしょうかね?

ところで、自民党が、大々的にネットを使った政治宣伝をやる費用・・・
どっから出ているんでしょうね?

 【東京新聞:2013.07.04】
 『自民資金団体 建設業界に4.7億円要求』

自民党は税金から政党助成金受け取ってますよね。
その上、民間企業にもこうやってタカるんですね。
その見返りが公共事業なんだろうけど、
その予算もやっぱり国民の税金。

その上、ネット工作の費用にも私たちの税金が
巡り巡って使われているのかと思うと・・・
だんだん腹が立ってくる ありぎりす でありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネットの沙汰も金しだい? ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる