ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 彼らが民主主義を破壊しようとする理由

<<   作成日時 : 2013/12/10 11:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日はこちらのニュースを取り上げます。

 【NHK:12月10日】
 『自民 軽自動車税引き上げ巡り調整へ』

vvvvv 以下 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
自民党税制調査会は、消費税率が10%に引き上げられる段階で、地方税である自動車取得税を廃止した場合の代わりの財源について、軽自動車税の引き上げなどで確保する方針を固め、引き上げ幅などを巡って詰めの調整を行うことにしています。
  ・
  ・
具体的には、軽自動車税を現在の年7200円の1.5倍となる1万800円とする案や、2倍の1万4400円とする案などが検討されています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

自民党が検討している政策とゆうのは・・・
 ・逆進性が高い(低所得者に重い負担を強いる)
  消費税を増税して、法人税を減税する。

  (法人税は利益に対する税なので、優遇されるのは
   黒字決算の大企業。赤字ギリギリで、価格決定力がなく、
   立場の弱い中小零細企業は、法人税減税の恩恵は得られず、
   消費税増税でさらに追い詰められる)

 ・消費税の増税で、売上の縮小が予想される自動車メーカーに配慮して、
  地方税の自動車取得税を廃止する。


 ・その結果、税収が落ち込む地方税の穴埋めとして、
  軽自動車税を増税する。


 ・軽自動車税の増税は、米国の要求でもある。
   【SankeiBiz:2013.2.26】
   『TPP、自動車分野で先行協議へ 「軽」優遇 見直しなど焦点』
vvvvv 以下 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 米国側はこれまでの事前協議で自動車や保険分野の日本独自のルールなどを「非関税障壁」として改善を求めてきた。日本側は安易なルール見直しには応じない構えだが、交渉参加を前に事務レベルで懸案を解消する姿勢を示すことで米国の参加承認につなげたい考えだ。

 具体的には、軽自動車の税制優遇見直しや安全基準審査の簡素化などが焦点になる。自動車税では普通車は年2万9500円以上なのに対し、軽自動車は年7200円(軽トラックは4000円)と割安。

 米自動車団体などはこの税制優遇が大型中心の米国車の販売不振につながっているとして、見直しを要望していた。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

国鉄が民営化されて、赤字の地方路線は次々廃線となりました。
北海道では自動車は、生活必需品。
特に軽自動車は庶民の足として、とっても大事なものです。

それなのに・・・・

今回のニュースで明らかなことは、いまさら改めて指摘するのもバカバカしいのですが、
彼ら(安倍自民党や、劣化自民党や第二自民党など、自民党的な政治家たち)が
やろうとしているのは、ごく一部の富裕層や大企業、グローバル資本の利益を
最大化して、その皺寄せを、大多数の庶民に負担させる、とゆうことです。


一言で言えば、
  1%の金持ちの為に、99%の国民を生贄にする。
とゆうことです。

しかし、1%を優遇しても、99%を敵に回しては、選挙で勝つことはできません。

彼らは、99%を占める、庶民が連帯することが恐ろしいのです。

それゆえに、デモをテロだと言って、弾圧しようとするのです。

差別を助長して、民衆を分断し、庶民が連携するのを妨害するのです。
 具体的には、生活保護を受給しているのは皆不正受給だ、とか
 在日朝鮮人ばかりだ、とかデマをバラ撒くことで、貧乏人同士
 足の引っ張り合いをさせるのです。

国民から知る権利を奪い、無知で従順な家畜にするつもりなのです。

彼らは、民主主義を破壊しようとしているのです。

ありぎりす は、「群れる」とゆうのが嫌いです。
ですから、「連帯しよう」とか「団結しよう」とか呼びかけるつもりはありません。
ですが、上述したことを参考にしていただいて、一人一人が政策に関心を持って
自分の頭で考え、悪い連中に騙されたりしないようにして欲しいのです。

そんな願いを込めて、今日もブログを書く ありぎりす でありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
彼らが民主主義を破壊しようとする理由 ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる