ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 紹介:『労働者を食い物にする経営者・政治家・御用学者』

<<   作成日時 : 2014/06/08 11:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ありぎりすは前回「「接待秘書」って・・何? 」で、
安倍政権の経済政策がいかに邪悪なものなのかを書きました。

しかし、経済オンチの一介のオッサンにすぎない ありぎりす の
言うことなんて、とてもじゃないが信用できない、とゆう方もいるでしょう。

そこで今回は、社会学者で元法政大学大原社会問題研究所所長の
五十嵐仁氏のブログをご紹介。

 【五十嵐仁の転成仁語】
 『5月29日(木) 労働者を食い物にする経営者・政治家・御用学者(その1)』

 『5月30日(金) 労働者を食い物にする経営者・政治家・御用学者(その2)』

 『5月31日(土) 労働者を食い物にする経営者・政治家・御用学者(その3)』


vvvvv 以下一部引用 強調 by ありぎりす vvvvvvvvvv
 新自由主義者が「規制はすべて悪だ」と思い込んでしまっていることが、一番大きな問題です。労働分野の規制緩和は、経営者がやりやすい状況を生み出すかもしれませんが、労働者にとっては厳しい働き方を強いられる形になってしまいます。労働条件がさらに悪化し、賃金も下がって行きます。非正規労働者やワーキングプアを増やすことになる。
 労働者に厳しい状況を強いることは、結果的に労働意欲を低めて生産性の低下をもたらします。非正規では技能や経験の継承もできない。長期的に見れば、経営者にとっても決してプラスにはなりません。低賃金の労働者が増えれば、働く人の購買力が低くなり、国内市場は縮小します。「大企業栄えて民滅ぶ」と言われますが、「民が滅んだ」社会で「大企業が栄える」ことはできないのです。
  ・
  ・
── 現在の安倍政権は、小泉政権時代の再来のように見えます。
五十嵐 1986年に労働者派遣法が施行されて以来、徐々に規制緩和が進みました。当初は、派遣できる職種は制限されていましたが、1999年の法改正であらゆる職種の派遣が原則自由化され、派遣できない職種をネガティブリストで定めるようになりました。そして、小泉政権時代の2004年には製造業の派遣も解禁され、派遣労働者の数が急増することになります。
  ・
  ・
── 安倍政権は、安定雇用ではなく、雇用の流動化を促そうとしています。
五十嵐 これも、竹中氏が旗振り役を演じています。昨年3月に開かれた第4回産業競争力会議で、竹中氏は解雇の金銭解決制度について、早急に議論を煮詰めていくことが必要だと主張した上で、「今は、雇用調整助成金と労働移動への助成金の予算額が1000:5くらいだが、これを一気に逆転するようなイメージでやっていただけると信じている」と語っています。
 こうした発言を受け、安倍政権は今年度から雇用調整助成金を1175億円から545億円に減らし、労働移動支援助成金を、なんと2億円から一気に300億円に増やしたのです。そのお金は竹中さんが会長をやっているパソナなどに流れ込むというわけです。
  ・
  ・
── わが国は、どのような労働政策を目指すべきですか。
五十嵐 アメリカは徹底した新自由主義で、規制緩和の最先端をいっています。それを模範にして日本ももっと規制緩和を進めるべきだと新自由主義者は唱えているのですが、1%の富裕層によって国民の99%が支配されるような超格差社会になり、アメリカ社会が崩れてしまっていることに注目する必要があるでしょう。
 そのようなアメリカを手本にしてはなりません。アメリカと違い、ヨーロッパ諸国は強い労働運動を背景に規制を維持し、経済危機を乗り切っています。ドイツもそうですし、北欧などもそうした路線を貫いています。日本は、そうしたヨーロッパ諸国に学び、人間らしい労働(デイーセントワーク)によって持続できる社会を目指すべきなのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

五十嵐仁氏の論考、必読の内容だと ありぎりす は思います。

ぜひ、リンク先にて全文を熟読されることをお薦めします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
紹介:『労働者を食い物にする経営者・政治家・御用学者』 ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる