ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS まるで「なかったこと」のように報じる読売新聞

<<   作成日時 : 2014/08/10 08:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は、ジャーナリストの岩上安身さんのツィートをご紹介。



そして、岩上さんが取り上げている読売の記事がこれ。
画像


この読売の記事だけを読むと、別段問題は感じないけれど・・・
それでは、実際に城台美弥子さんは何と言っていたのか?
東京新聞は、その全文を掲載しているので読んでみましょう。

 【東京新聞:8月9日】
 『「憲法踏みにじる暴挙」 長崎、集団的自衛権に怒り』
vvvvv 以下 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
しかし、現在の日本政府は、その役割を果たしているのでしょうか。今、進められている集団的自衛権の行使容認は、日本国憲法を踏みにじる暴挙です。日本が戦争できるようになり、武力で守ろうと言うのですか。武器製造、武器輸出は戦争への道です。いったん戦争が始まると、戦争は戦争を呼びます。歴史が証明しているではないですか。日本の未来を担う若者や子どもたちを脅かさないでください。被爆者の苦しみを忘れ、なかったことにしないでください。

 福島には、原発事故の放射能汚染でいまだ故郷に戻れず、仮設住宅暮らしや、よそへ避難を余儀なくされている方々がおられます。小児甲状腺がんの宣告を受けておびえ苦しんでいる親子もいます。このような状況の中で、原発再稼働等を行っていいのでしょうか。使用済み核燃料の処分法もまだ未知数です。早急に廃炉を含め検討すべきです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

お分かりいただけるだろうか?
そうです、無いんです・・・・
怖いですねぇ、怖いですねぇ。

偏向報道の匠、読売新聞の手にかかると・・・
何とゆう亊でしょう!!
 「集団的自衛権の行使容認は、日本国憲法を踏みにじる暴挙です。」

 「武器製造、武器輸出は戦争への道です。」

 「このような状況の中で、原発再稼働等を行っていいのでしょうか。」

安倍政権の政策を痛烈に批判する文言が、すべて
まるで「なかったこと」のように消えて無くなっているのです。

城台美弥子さんは、
 「被爆者の苦しみを忘れ、なかったことにしないでください。」
と訴えているとゆうのにねぇ。

まったくもって、読売新聞は極悪非道です。 (-_-メ

読売新聞の悪辣さは、こればかりではありません。
8月6日の社説、これがまた酷い。
 【読売新聞:2014年08月06日】
 『朝日慰安婦報道 「吉田証言」ようやく取り消し』
読売新聞は、
 <「強制連行の有無」が慰安婦問題の本質>
などと主張し、吉田証言が信頼できないから、
 <強制連行の根拠が崩れ>たと言い張る。

読売新聞の社説は、慰安婦問題を旧日本軍がひとさらいのように
「強制連行」したかどうかに限定し、あたかも国や旧日本軍に責任が
「なかったこと」にしようとする詭弁です。

一万歩譲って、<「強制連行の有無」が慰安婦問題の本質>だったと
しても、「スマラン事件」など、軍による「強制連行」が実際に有ったことは
否定しようがありません。

そして朝日の「吉田証言」報道をさんざんになじる読売新聞・・
だが、読売だって報じていた。
画像

しかし読売は上記社説で、
>読売新聞にも当初、女子挺身隊や吉田氏に関して、誤った記事を掲載した例があった。だが、90年代後半以降は、社説などを通じて、誤りを正している。
などと居直ってみせる。

こんな悪質な新聞は、読めば読むほどバカになります。

現在読売新聞を購読している読者の方には、
即刻購読を止めることを強くお勧めする
ありぎりす であった。

関連する過去のブログ:
 『嘘では誇りを守れません 』
 『日本の誇りを傷つけているのは誰なのか? 追記あり』
 『橋下発言、海外で大顰蹙 』
 『6日付け読売社説が酷い 』
 『やはり看過できない 』
 『もう購読止めませんか? 』
 『「原子力エネルギーの平和利用」 という虚言 』
 『あまりにも非道すぎる 』


参考:
南京事件関連:
 【南京事件FAQ】

 【南京事件−日中戦争 小さな資料集】

 【笠原十九司著】
  『南京事件 (岩波新書) 』
  『南京事件論争史―日本人は史実をどう認識してきたか (平凡社新書)』
  『南京難民区の百日―虐殺を見た外国人 (岩波現代文庫―学術)』

従軍慰安婦関連:
 【『Fight for Justice 日本軍「慰安婦」――忘却への抵抗・未来の責任』】

 【「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク】】

 【大森典子 川田文子 著】
  『「慰安婦」問題が問うてきたこと (岩波ブックレット)』

 【吉見義明 著】
  『日本軍「慰安婦」制度とは何か (岩波ブックレット 784)』
  『従軍慰安婦 (岩波新書)』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まるで「なかったこと」のように報じる読売新聞 ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる