ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍政権の報道圧力は許せない

<<   作成日時 : 2015/04/18 15:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、安倍首相と翁長沖縄県知事が初めて会談しました。

今回はこの件について考えます。

まずは、NHKの報道。
 【NHKニュース:4月17日】
 『安倍首相と翁長知事が初会談 互いに主張述べ合う』

vvvvv 以下一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
安倍総理大臣は沖縄県の翁長知事と初めて会談し、「名護市辺野古への移転が唯一の解決策だ」と述べ、アメリカ軍普天間基地の危険除去に向けて移設計画への理解を求めました。これに対し、翁長知事は「私は絶対に新基地を造らせない」として、計画の撤回を求めました。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

なんだか、この報道からは、
「理解を求める」安倍首相に対して、
「私は絶対に新基地を造らせない」と言う
翁長知事は、頑なで聞き分けの無い人物のような
印象を受けてしまいます。

はたして、本当にそうなんでしょうか?

 【沖縄タイムス:2015年4月18日】
 『翁長知事・安倍首相会談全文(冒頭発言)』

vvvvv 以下一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 総理も官房長官も16年前、当時の稲嶺(恵一)知事、地元名護市長も辺野古基地を受け入れたとおっしゃっていますけれども、しかしながら稲嶺知事は代替施設は軍民共用施設として、そして米軍による施設の使用については15年の期限を設けることを条件として受け入れを認めたわけです。

 それから岸本(建男)名護市長は日米地位協定の改善、それから施設の使用期限、それから基地使用協定等の前提条件が満たされなければ容認は撤回すると言っておりました。

 当時の政府は平成11(1999)年12月、稲嶺知事と岸本市長はこれを重く受け止め、米国政府と話し合う旨、閣議決定を認めました。しかし、その閣議決定は平成18(2006)年に沖縄県と十分な協議がないまま廃止されました。

 従って16年前に知事や市長が受け入れを決めたというのは前提条件がなくなったことで、受け入れたというのは私たちとしては間違えだというふうに思っています。

 そして政府は今、普天間飛行場の県外移設という公約を、失礼な言い方かも知れませんが、かなぐり捨てた前知事が、埋め立てを承認したことを錦の御旗として、辺野古移設を進めておられますが、昨年の名護市長選挙、沖縄県知事選挙、衆議院選挙は前知事の埋め立て承認が争点でありました。

 全ての選挙で辺野古新基地反対という圧倒的な民意が示されたわけであります。沖縄は自ら基地を提供したことは一度もございません。普天間飛行場もそれ以外の基地も戦後県民が(捕虜)収容所に収容されている間に、(土地が)接収された。または居住場所をはじめ銃剣とブルドーザーで強制接収され、基地造りがなされたわけであります。

 自ら土地を奪っておきながら老朽化したから、世界一危険だから沖縄が負担しなさい。嫌なら代替案を出せと言われる。こんな理不尽なことはないと思います。

(はい、報道は退室−と官邸スタッフが打ち切る)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

翁長知事は、これまでの経緯を示し、理路整然と
政府の約束違反や理不尽さを指摘しています。

しかし、卑劣にも官邸は翁長知事の発言を途中で遮ります。 (-_-メ

 【沖縄タイムス:2015年4月18日】
 『知事発言が突然、非公開に 官邸が3分で打ち切る』

vvvvv 以下一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
・知事と首相の会談は冒頭各5分ずつ報道陣に公開する約束だった
・順番は知事が先だったが、17日朝、官邸が総理を先に変更した
・知事発言は3分13秒で、官邸側に「報道、退室」と非公開にされた
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

地元紙とNHKの報道、全然印象が違います。

それではどうしてNHKはこんな報道のしかたをするのでしょう?
それは、安倍政権が人事権を濫用してお友達を経営委員に
送り込んでいることと、「放送法」をたてにとって、
テレビ局を脅しているからです。
 【リテラ:2015.04.15】
 『今度は自民党がNHKとテレ朝を事情聴取へ! 
 安倍政権のテレビ局への圧力は「放送法」の拡大解釈だった!
 メディア法の専門家に聞く』


 【リテラ:2015.04.15】
 『水島宏明の「政治からテレビを守れ!」@
 テレ朝とNHKの“失態”につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長』



そればかりか、安倍政権は、裏で翁長知事への
バッシング、誹謗中傷、嘘やデマをまき散らしているようです。

 【news ポストセブン:2015.04.17】
 『安倍政権 「翁長沖縄知事は中国の手先」との情報工作進める』


 【リテラ:2015.04.17】
 『官邸情報で翁長知事バッシング!「週刊文春」編集長と安倍、菅の知られざる“関係”』



安倍政権から圧力を受けているのは、
日本のメディアだけではありません。
 【日刊ゲンダイ:2015年4月14日】
 『安倍政権「海外メディア」にも圧力 ドイツ紙記者が怒りの暴露』


 【ハフィンポスト:2015年04月10日】
 『「え?私が中国のスパイだって?」ドイツ紙の東京特派員が安倍政権から圧力を受けたと告白』


 【内田樹の研究室:2015年04月10日】
 『ドイツのあるジャーナリストの日本論』


 【内田樹の研究室:2015.04.15】
 『Japan Times の記事から「日本の厄介な歴史修正主義者たち」』



海外では、メディアに露骨な圧力をかける
安倍政権の危険性が問題視されているようなのですが、
そうした報道を日本の報道機関は紹介しようとしません。

大手メディアを脅したり、懐柔する安倍政権も、
それに迎合する御用メディア(特に、フジ・産経、読売、
文春、新潮、NHKなど)も言語道断で許せない。 ヽ(`Д´メ)ノ

そして、安倍政権は、報道機関への圧力を
さらに強めようとしています。
 【毎日新聞:2015年04月18日】
 『自民党:BPOに政府関与検討 「放送局から独立を」』

vvvvv 以下一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 自民党は17日、NHKとテレビ朝日の報道番組で「やらせ」や政治的圧力があったとされる問題に関連し、NHKと日本民間放送連盟でつくる「放送倫理・番組向上機構」(BPO)について、政府が関与する仕組みの創設を含めて組織のあり方を検討する方針を固めた。しかし、番組の内容などの問題点を検証するBPOに政府が関わることには識者らの間で批判も出ている。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

毎日新聞も「識者らの間で批判も出ている」なんて
他人事のようなこと書いてないで、「報道の自由」
「国民の知る権利」を守るために戦ってもらいたいものです。

かつて、「秘密保護法」に関連して、安倍首相は、
 「報道が抑圧されるような例があったら、私は(首相を)辞める」
と述べました。
これだけ、「報道が抑圧されて」いるのですから、
ご自身の言葉どおり、安倍首相は辞任するべきでしょう。

いや、安倍首相こそが報道を抑圧している張本人なのですから、
主権者たる私たち日本国民が、バカで幼稚で危険な安倍政権を
倒さねばいけないのです。

このままこの愚劣な政権を野放しにしていたら、ますます
 とんでもないことになりますよ!!


関連するニュース:
 【沖縄タイムス:2015年4月7日】
 『記者油断させ埋め立て申請 小野寺元防衛相“工作”明かす』

vvvvv 以下一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
・辺野古埋め立て申請書提出で、元防衛相が報道対策を講じていた
・提出日に花見会を開くことで記者を油断させたと講演で明かした
・提出時の混乱の報道で反対が広がることを防衛省は懸念している
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 【沖縄タイムス:2015年4月8日】
 『辺野古報道対策「首相が指示」』

vvvvv 以下一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
・小野寺元防衛相が明かした辺野古報道対策は安倍首相の指示だった
・政権取材を続けている時事通信の田ア解説委員が証言した
・田ア氏「安倍首相は政権運営でテレビ対策に気を使っている」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 【琉球新報:2015年4月16日 】
 『「出て行け 犯罪者」 海保がカヌー市民に暴言 辺野古新基地』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍政権の報道圧力は許せない ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる