ありぎりす の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「当時は合法だった」は嘘です

<<   作成日時 : 2016/01/03 12:40   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくおねがいします。 <(_ _)>

今年最初のブログです。

できれば、おめでたい話題を取り上げたかったのですが・・・

大晦日に引き続き「慰安婦問題」です。

 【北海道新聞:2015年12月29日】
 『慰安婦問題、法的責任含まず 政府「見解揺るがない」』

vvvvv 以下一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
日本政府筋は29日、岸田氏が日韓外相による共同記者発表で言及した「日本政府の責任」について「ぎりぎりまで譲ったが、法的責任は認めていない。そこははっきりしている」と強調した。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

この「日本政府筋」って誰なんでしょうね?

ちなみに稲田朋美自民党政調会長はこんな発言をしています。
 【日本経済新聞:2013年5月24日】
 『稲田行革相、慰安婦「戦時中は合法」』


そしてこちらは、ネットで拾った読売新聞の記事。
画像


「慰安所は公娼制の戦地版と言える」?!

当時「公娼制」は法的に認められていたから、
その戦地版の「慰安所」も合法だったと言うのでしょうか?

大嘘です!!
(ついでに
 「旧日本軍が女性を強制連行した証拠はみつかっていない。」
 とゆうのも大嘘です。
  【しんぶん赤旗:2013年6月24日】
  『「慰安婦」強制連行示す文書
   安倍内閣 存在認める
   否定派の論拠総崩れ
   赤嶺議員への答弁書』


「慰安婦制度」と「公娼制度」はまったくの別物です。
「公娼制度」は一応「娼妓取締規則」とゆう法律に
則ったものですが、「慰安婦制度」はこれを遵守していません。

「慰安婦制度」の法律違反はそれだけではありません。
 【Transnational History:2012-12-13】
 『[資料][慰安婦]日本軍将兵の証言・手記にみる慰安婦強制の実態』

vvvvv 以下 一部引用 vvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
「慰安婦」制度が違反しているもの

当時の、刑法第226条、刑法第227条、民法第90条、娼妓取締規則、婦女・児童の売買を禁止する国際条約、強制労働条約 第29号(1930年)、奴隷条約(1926年)など。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

それどころか、一応合法とされていた「公娼制」でさえも、
当時から奴隷的で廃止すべきとゆう認識が一般的だったのです。
 【思いつきのメモ帳:2014-11-15】
 『[人権][歴史]読売新聞1934年5月18日の社説』

vvvvv 以下 一部引用 強調byありぎりす vvvvv
社説 公娼制度廃止に就いて 読売新聞1934年5月18朝刊3面より

 内務当局に於いては、いよいよ公娼制度廃止の方針を取ることになり、すでに大体の腹案も出来上がったということである。明治初年以来、各方面から叫ばれた廃娼運動も伝統(習慣)*1等の障壁に遮られて、解放甚だ困難と見られていたが、当局のこの一大決定によって、近く実現の運びに至るだろうと伝えられることは、まことに結構なことである。特にわが国の公娼制度は、甚だしく時代錯誤的なものであるばかりか、現に行われている集娼制度の内容は、一種の奴隷制度にも類すると見られているものである。社会的道徳的に見て、適当の機会に於いて之が全廃を計るべきはいうまでもないことであって、国家がこれを正業と認めて公許し居ること自体に甚だしき矛盾があるのである。数百年来伝承して今日に至ったこの制度を、急速に改めることの困難はいうまでもない話であるが、近来業者自体に於いて家業継続の非を悟り、自然衰退の傾向を辿りつつある際、この機運を利用してその絶滅に努力することは時期的に見ても当を得たものと思う。
(後略)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
画像

前述した読売の記事と比べて、戦前の読売社説のほうが
人権意識が高いとゆうのが、面白いとゆうか、嘆かわしい
とゆうか・・・

繰り返しますが、
 戦争当時「慰安婦制度」は合法だった。
 日本政府には法的責任はない。

とゆうのは、
 大嘘です!!

私も正月早々こんな不愉快な話題を取り上げたくはありませんでしたよ。

ですが、平気で嘘を言う連中を野放しにしてはおけません。

 「嘘も100回言えば本当になる。」
これはナチスドイツの宣伝大臣だった
ゲッペルスの言葉だそうです。

嘘つきたちを野放しにして、悲惨な歴史を繰り返すなんて、
私はまっぴらごめんです。
なので、
 「それは嘘です」
と101回言ってやろうかと思う ありぎりす であった。

参考:
 【FIGHT for JUSTICE
  日本軍「慰安婦」ー忘却への抵抗・未来の責任】
 『0-2 「慰安婦」は「公娼」だったか?』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
南京虐殺にしてもこの慰安婦にしても、(そんな数ではないから)なかった!(強制性はないから)合法だ!と言い続ければ、そのうち真実として世の中に流布されると思っているのかな。冗談じゃない。どうしてひとりの人間としてこの痛みがわからないのか。NO!と言えない状況に置かれた少女のことを想像すれば、もうなにも言えないはず。戦争という大義名分の前にこうして小さな少女が踏みにじられ傷つけられた事実に耐えられないはず。これをよしとする人は本当はいないはずと思うのですが。今、わたしは南京虐殺否定論のウソを暴く本を読んでいます。こうして論理でつきつけてもあの連中には蛙の面に水って感じなのかと思うと、悔しくて、こちらも負けずに100回言い続けましょうと決意します。
ののはな
2016/01/03 18:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
「当時は合法だった」は嘘です ありぎりす の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる